YEG(青年部)フラッシュ 平成28年熊本地震での支援活動

九州ブロックYEGを中心にスピードときめ細やかさで支援を展開

平成28年4月14日夜から熊本県熊本地方や阿蘇地方、大分県で起きた一連の地震における九州ブロック商工会議所青年部連合会(九州ブロックYEG)を中心とする支援活動を紹介する

自然災害――。人間の無力さを感じるとともに、人の「絆」が試されるときでもある。常日頃から「地域のために」を心に抱き積極的な活動をしているYEGが被災地に対し、どのように知恵を絞り、行動を起こしたのかを振り返る。

YEGメンバーと商工会青年部メンバーが連携して南阿蘇村に支援物資を運んだ

災害対策規定と災害対策マニュアル

日本YEGは、東日本大震災の経験を基に、「災害対策規定」と「災害対策マニュアル」を整備していた。今回の熊本地震では、この災害対策規定と災害対策マニュアルを基に発災直後より、日本YEGは九州ブロックYEGと連携を取りつつ、行動を行った。

岡村寅嗣日本YEG会長をはじめとするメンバーが協議の結果決定したのは、主に2点。被害が複数県にまたがっているため、九州ブロックYEGを中心とし、支援活動を展開すること。そして、被害状況などの情報収集と正確な情報発信を行い、共有に努めること、であった。特に、行政が動き出す前の迅速な初期対応や、行政が動き出した後、行政の手が届かないところへ機動的に支援を展開することに注力した。

情報の連結と発信

情報の連結と発信は、3つのWEBサービスを使用した。日本YEG公式グループウェアの「エンジェルタッチ」、日本YEGのホームページ、そして、SNSである。

エンジェルタッチについては、28年度に「情報共有ツール」から「情報連結ツール」として改善したばかりだった。このため、発災時点からかなり早い段階で、3万1000人を超えるメンバーへ情報提供ができた。さらに、その情報の連結を行い、メンバーの行動の方向性を揃えることが可能であった。

義援金を基にした息の長い支援活動

今後、日本YEGは「経済を止めない」ことを中心に、息の長い支援を実施していくことを決めている。従来の発想にとらわれない青年経済人らしい支援活動を模索し、地域のために動き続けていく。

次の記事

YEG(青年部)フラッシュ YEGにはすごい人がいっぱい

岡山県 岡山YEG

YEGに入ったのは、先輩から「とにかく入れ」と言われたのがきっかけです。何がなんだが分からなかったのですが、先に大親友が入って。それならば変...

前の記事

YEG(青年部)フラッシュ メンバー増加の秘訣に迫る

岐阜県 関YEG

地域の人口オーナスや地域経済の活力低下が問題視される中、YEGは創意と工夫、勇気と情熱でメンバーの増加に取り組んでいる。ナレッジマネジメント...

関連記事

YEG(青年部)フラッシュ 事業報告 未来を見据えた新しい活動 無料会員限定

日本商工会議所青年部/高知県 高知県連高知商工会議所青年部/静岡県 静岡県連三島商工会議所青年部/福井県 福井県連武生商工会議所青年部

日本YEGは、全国の415単会に所属する会員企業の発展や地域の発展を後押しするべくさまざまな事業を展開している。今回は、全国各地のビジネス情報...

YEG(青年部)フラッシュ 活動紹介 日本YEGのこだわり 「全国の単会のためになる活動」「日本YEGだからこそできる活動」

日本商工会議所青年部/岡山県 倉敷商工会議所青年部/石川県 小松商工会議所青年部

日本YEGは、会員自身の「スキルアップ」、会員企業の「業績向上」、会員が拠点を置く「地域の発展」の三つを軸に、全国415単会の成長を促す事業を...

YEG(青年部)フラッシュ 事業紹介 組織力活性化事業

日本商工会議所青年部/宮崎県 小林商工会議所青年部/秋田県 秋田商工会議所青年部

全国に415単会あるYEGのスケールメリットを生かし、各地の単会に寄り添った事業を展開。単会が時代に即して進化していくには、組織力の強化と向上...