日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ メンバー増加の秘訣に迫る

「SEKIモデル」を活用して規模拡大 200%UPを成し遂げる

地域の人口オーナスや地域経済の活力低下が問題視される中、YEGは創意と工夫、勇気と情熱でメンバーの増加に取り組んでいる。ナレッジマネジメントを活用し、5年間でメンバー数200%UPに成功した好事例を紹介する。

岐阜県中央部に位置する関市。人口は約9万人(平成28年4月現在)だが、ここ5年で約8000人減少した。そんな中、関YEGのメンバー数は5年間で200%UPに成功。今年度は160人のメンバーで活動する。この爆発的増加の秘密は、「SEKIモデル」にあった。

SEKIモデル」とは

24年度につくられた「SEKIモデル」の構築者は、同YEGメンバー塚田浩生氏。名前の由来は、ナレッジマネジメントで重視する「SECIモデル」だ。メンバー増加に必要なポイントを要約し、実行するシステムのことで、そのポイントとは、「危機感の共有と情報の共有」「合わなかったら1年で辞めてもいい」「日々の活動に真摯に取り組むこと」の3点。また、これに付随してメンバー増加に取り組む専門の委員会がある。新たに入会したメンバーは必ず所属し、YEGの組織や活動に慣れてもらうことに注力している。

塚田浩生氏(岐阜県連関YEG副会長) 株式会社ツカダ代表取締役

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

九州ブロックYEG

平成28年4月14日夜から熊本県熊本地方や阿蘇地方、大分県で起きた一連の地震における九州ブロック商工会議所青年部連合会(九州ブロックYEG)を中心とする支援活動を紹介する …

前の記事

日本YEG

平成28年度の日本YEGが始動した。全国各地に411単会、45道府県連、9ブロック、3万人を超えるメンバーが在籍する(平成28年4月1日現在)「青年経済人の団体」として、資質の向上…

関連記事

北海道 名寄商工会議所青年部

地元の他の青年団体会員の減少が進む中ではあったが、迅速な地域まちおこし活動の手助けを行い、また、将来に向けて地元商工会議所議員の担い手を育てようと、2007年に若手有志…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、令和2年度日本YEG米良充朝会長のお膝元・宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで交流事業を開催した。本事業は日本YEG交流委員会が企…

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…