日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 7割がIoTに関心

IoTやオープンネットワークなどのIT技術活用の関心度について

大阪商工会議所は11月25日、「製造現場におけるIT活用に関する調査」結果を公表した。調査は、今年7月に設置した「IoT・オープンネットワーク活用研究会」の活動の一環。関西18商工会議所の中堅・中小企業会員企業439社から回答を得た。

調査結果によると、回答企業の76・1%が「IoTやオープンネットワークなどのIT技術の活用に関心」を示しており、41・2%が「生産工程、生産ラインの効率化」に期待している。課題としては、「メリット・費用対効果のわかりにくさ」や「社内人材の乏しさ」を指摘する声が多かった。

また、IoT・オープンネットワークの前提となる生産設備(機械)などの「つながり」状況については、72・4%の企業が接続されておらず、IoTなどのIT技術の導入の素地は整っていない結果となっている。

同研究会では、調査結果を踏まえ、中堅・中小企業がIoT・オープンネットワークを経営に役立てるための課題や支援策を取りまとめ、国・自治体などに要望する予定。あわせて、IoT・オープンネットワークの活用事例などを紹介するセミナーも年度内に実施予定だ。

次の記事

セレクト地域短信 特産品お歳暮セットが好評

福島県 郡山商工会議所

郡山商工会議所(福島県)などは、郡山選りすぐりの産品を詰め合わせにした地域色豊かなお歳暮セット「こおりやま特選 お歳暮市」を販売した。商品...

前の記事

セレクト地域短信 販路回復・開拓を議論 東北六県連

東北六県商工会議所連合会

東北六県商工会議所連合会などで組織する「復興水産加工業販路回復促進センター」は11月9日、宮城県仙台市で「販路回復・開拓パネルディスカッショ...

関連記事

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...

セレクト地域短信 損保4社と包括協定 会員企業支援で提携

福岡県 大牟田商工会議所

大牟田商工会議所(福岡県)は、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社4社...