セレクト地域短信 車窓の景色をパチリ 路線バスフォトコンテストを開催

19歳の男子大学生による最優秀賞受賞作品

大田原商工会議所(栃木県)は、大田原市内を走る市営バスなどに関する写真作品を募り、「路線バスフォトコンテスト」を開催。昨年12月10~24日まで、入賞作品をバスの車内で展示した。

日々の足となる鉄道がなく、自家用車の保有率が高い同市。そこで、市民にもっとバスに親しんでもらおうと、同所は大田原市中心市街地活性化協議会を組織して、平成23年度からこのコンテストを主催している。

昨年度までは〝車窓からの風景〟を募集していた同所だが、「構図が限られてしまう」との配慮から今年はテーマを拡大し、バスが写っている風景や車内の様子なども募集。また、学生など、バスの利用率が高い若年層の参加を促すため、告知ポスターにはQRコードを入れ、携帯やスマートフォンから気軽に応募できるように工夫した。

作品は9月から11月にかけて募集。その結果、市内外から集まった26作品の中から、19歳の男子大学生が最優秀賞を、17歳の女子高生と80歳の東京都在住の男性がそれぞれ優秀賞を受賞した。

同所は、「今年は学生から20代の社会人まで、若い人の応募が多かったのがうれしい。来年度以降もこのコンテストを通じ、バスがエコで便利な乗り物であることを伝えていきたい」と話している。

問い合わせは、同所(☎0287・22・2273)まで。

次の記事

セレクト地域短信 めざせ!!「ものしり博士」 小6対象にジュニア検定実施

愛媛県 新居浜商工会議所

新居浜商工会議所(愛媛県)は10日、新居浜市教育委員会と共同で、新居浜市内にある全17校の小学校の6年生を対象に「第1回新居浜ものしり検定(新居浜...

前の記事

セレクト地域短信 相互交流で深めた絆 さらなる発展の一歩に

京都府 京都商工会議所/福島県 会津若松商工会議所

京都商工会議所と会津若松商工会議所(福島県)は昨年12月15日、京都市内にある同志社大学の新島会館で、「『相互交流Year』クロージングミーティン...

関連記事

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...

セレクト地域短信 企業版テークアウト&デリバリーを推進

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)は、フードデリバリー需要の創出を目的とした「企業版テイクアウト・デリバリー推進事業」を6月から開始した。同事業は、会...