日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 めざせ!!「ものしり博士」 小6対象にジュニア検定実施

「ものしり博士」を目指し、真剣な表情で検定試験にのぞむ児童たち

新居浜商工会議所(愛媛県)は10日、新居浜市教育委員会と共同で、新居浜市内にある全17校の小学校の6年生を対象に「第1回新居浜ものしり検定(新居浜ジュニア検定試験)」を実施。約1200人の児童が、地元の歴史や文化を問う検定試験に挑んだ。

各校で実施された検定試験は選択式の全30問で、制限時間は30分。内容は、同市発展の礎となった別子(べっし)銅山や、昭和34年に廃田となった多喜浜塩田などの産業遺産をはじめ、四国三大祭りである新居浜太鼓祭り、同市にゆかりのある人物ついてなど、多岐にわたった。

受検した児童からは「難しかった」という声が聞かれたが、誰もが真剣な眼差しで問題に取り組んでいた。合格者は後日、「新居浜ものしり博士」に認定される。

新居浜検定事業は、市民に地元の魅力を再認識してもらうとともに、訪れる観光客に心地よいおもてなしができる人材を育成しようと、同所が平成18年から実施。これまで、小学4年生以上については希望者のみに「ジュニア区分」として実施してきたが、今回の検定は〝ふるさと学習〟の一環として、教育委員会と連携して行われた。

同市教育委員会は、ふるさと学習を推進し、検定公式テキストブックを分かりやすくまとめた副読本を、5年生時に配布している。同所は、「今後も教育委員会と連携し、新居浜の歴史・文化の継承者と、郷土を愛する児童の育成に努めたい」と話している。

問い合わせは、同所(☎0897・33・5581)まで。

次の記事

大分県 竹田商工会議所青年部

竹田商工会議所青年部(大分県)は2日と4日、竹田市の郷土玩具で縁起物の「姫だるま」を各会員事業所に届ける、〝投げ込み〟と呼ばれる正月恒例の行事を実施。メンバー15人が141…

前の記事

栃木県 大田原商工会議所

大田原商工会議所(栃木県)は、大田原市内を走る市営バスなどに関する写真作品を募り、「路線バスフォトコンテスト」を開催。昨年12月10~24日まで、入賞作品をバスの車内で展示…

関連記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…