日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 金物の産地でものづくり楽しんで カヌー工房設置や検定も準備

専門家の指導を受けながらカヌーを試作する職員

三木商工会議所(兵庫県)は、大工道具・機械刃物などの金物製造の国内シェア6割を誇る地元を内外へPRしようと、昨年春から、日曜大工好きなシニア世代を対象とした木製カヌーの工房づくりを計画。ほかにも、三木市初のご当地検定「三木金物検定」の体験版を今月2日に実施するなど、さまざまな試みを行っている。

同所は、身近な大工道具を使えば初心者でも比較的気軽に挑戦できることから、数ある木工制作の中からカヌーに注目。昨年6月、所内に委員会を設置し、カヌーを使った川下りがさかんな高知・和歌山への視察、日曜大工愛好家への聞き取り調査などを進めてきた。

昨年11月からは専門家に協力を依頼し、木工初心者の職員が約3カ月かけてカヌーづくりに挑戦。その経験を生かし、現在は工房開設に向けて、三木オリジナルの制作キットを開発中だ。

2日に実施された同検定も、「多くの人に大工道具に親しんでもらい、三木金物の周知・普及を」と、同所が約3年前から温めてきたもの。試験は三木金物の歴史や道具の知識を問う筆記、実際に道具を使う実技の2本立てとし、動画を収めたDVDをテキスト代わりに体験版受験者に配布するなど、「金物のまち」ならではの特色を打ち出した。当日は24~76歳の幅広い世代が試験に挑み、全員が修了証書を手にした。

同所は、「工房設置や検定の実施は来年度中をめどに準備中。今後も地場産業のPRに努め、1500年の歴史と伝統を守りたい」と話している。

問い合わせは、同所(☎0794・82・3190)まで。

次の記事

北海道 帯広商工会議所

帯広商工会議所(北海道)は2月、十勝の農業高校が舞台の人気アニメ「銀の匙(さじ)Silver Spoon」を活用した観光冊子3万部を作製。帯広市内の観光案内所や宿泊施設、道内の主要都…

前の記事

東京都 立川商工会議所

立川商工会議所(東京都)は昨年12月、JR立川駅周辺の渋滞緩和対策に役立てようと、市と共同で社会実験「パーク&ライド」を同駅北口エリアで実施。6日間で10~70代の市民421人が…

関連記事

福島県 郡山商工会議所青年部

郡山商工会議所青年部(福島県、郡山YEG)や郡山市内の企業、団体などでつくる実行委員会は8月14、15日の両日、「ドライブinフェスタ郡山」を郡山カルチャーパーク第4駐車場で開…

群馬県 館林商工会議所

館林商工会議所(群馬県)は9月15日~11月15日、「コロナに負けるな!館林グルメ総選挙」を開催する。例年は「暑いまち」を逆手に取り「激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」を実施し…

岐阜県 多治見商工会議所

多治見商工会議所(岐阜県)などは、「多治見の魅力を引き出した新しいアイデアで未来へ繋ごう!」をコンセプトに「たじみビジネスプランコンテスト(TAJICON)」を開催する。これ…