日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 事業継続に向けエール 独自の給付制度創設

記者会見を行う地曳克介専務理事(左)と高知大学の関係者

中村商工会議所(高知県)は7月3日、新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃を受けながら行政の支援対象から外れた事業者を支援するため、クラウドファンディングなどで集めた資金を原資に「中村商工会議所災害特別基金」を設立し、独自の給付制度「四万十エール給付事業」を創設すると発表した。事業者の不安感を払拭(ふっしょく)し、事業継続に向けエールを送ることが目的だ。

対象となるのは行政の支援対象外となった同所管内の事業者で、創業1年未満の事業者、および託児所や学習塾など子どもの育成に寄与する事業、訪問介護や薬局など市民の健康に寄与する事業を行う事業者。一律5万円を給付する。

クラウドファンディングは7月4日から、クラウドファンディングサイトCAMPFIRE(キャンプファイヤー)で実施している。5千円から10万円まで金額を選んで寄付するもので、期限は8月31日まで。また、同所窓口や指定口座への振り込みによる寄付も受け付けている。事業者の申請の受け付けは8月上旬から行う。

同事業は、商品開発などで協力関係にある高知大学と協議して企画。事業終了後も基金は継続して寄付を募り、今後大規模自然災害により地域経済に影響が生じた際、事業者へ迅速な支援を行うために活用する方針だ。

詳細は、http://www.nakamura-cci.or.jp/doc/kyuhu1.htmlを参照。

次の記事

愛知県 豊川商工会議所

豊川商工会議所(愛知県)は7月15日、豊川市内の企業の求人情報を検索できる就活サイト「とよかワーク」を開設した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため会社説明会などが…

前の記事

山形県 山形商工会議所

山形商工会議所は7月6日、新型コロナウイルス感染症対策事業の一つとして、感染防止対策商品やサービスを扱う会員企業を紹介するB4判のチラシ「新型コロナウイルス感染対策『当…

関連記事

和歌山県 橋本商工会議所

橋本商工会議所(和歌山県)は2020年11月14、21、28日の3日間、橋本市内の恋野地区で、ボランティアとして参加した市民らと共にチューリップの球根の植え込み作業を行った。同…

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…