日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2017年7月1日号 宇津井輝史

むきになって目くじらを立てるほどではないが、カタカナ語の氾濫にイラつく人は多かろう。日本にはない考え方が英語圏から言葉と一緒に入ってきたとき、本来の意味を損なわないようにするため、英単語をそのまま使うべきという意見は分かる。確かに、イメージ・トレーニングを和単語に置き換えるのは難しい。パブリシティやソフトウェアもその類だ。日本語で説明しようとすれば数行を要する。

▼だが「尊敬」をわざわざリスペクトと言い直す必要があるのか。義務的行為をマストなどと言うのも日本だけと思うが、小学校からプログラミング教育をする時代に、スマホやパソコンの操作で意味不明な単語によく遭遇するなどと言ったら、もっとITリテラシーを高めろと一喝されるだけだろうか。

▼日本人は古来、中国から伝わった表意文字の漢字をもとに、表音文字であるひらがなを発明する大技を用い、さらにそれを西洋語表記にも対応できるカタカナを創作する荒技を使った。この柔軟性のおかげで私たちの言語生活は便利で豊かになった。中国語が「電脳」と表記するものを、私たちは原語の発音そのままにコンピュータと表記できる。

▼偉大な中華文化圏にありながら、ハングルの発明で表意文字改革を進めたのは韓国も同じ。だが漢字併用の議論はいまも続く。日韓の師匠格の中国では、漢字の略字化が進む。画数は減るが、表意文字の意味を成さなくなる。伝統と断絶する革命の一環なのか、文字体系を変えてしまったのは中国の徹底性ゆえか。日本は、文化的には良くも悪くも不徹底だから占領軍の漢字廃止要求にも柔軟に対処できた。柔軟性こそ日本社会の発展原理だった。政治がこの柔軟性を失ってはなるまい。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗

各地で現代の「私塾」とでも呼べる人材塾が盛んになっている。疲弊した地域には、安易な補助金というカンフル剤に頼るだけではなく、地域を担い産業を創造する有能な人材を育成…

前の記事

神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事

米国の大統領は、何を代表しているのか。それは、米国民の一部の人々ではないはずだ。トランプ大統領は、地球温暖化に対する国際的取り組みであるパリ協定からの離脱表明で、自…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚くののしり合っただけだった…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…