日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 ビジネスシーンから考える改正個人情報保護法

ビジネスシーンから考える改正個人情報保護法

日置巴美 著

改正個人情報保護法が2017年5月30日から全面施行された。本書では、企業モデルを設定し、モデル企業がビジネス活動を進める中で取り扱う個人情報について、「取得」「利用」「第三者提供」「本人対応」といった場面ごとに守るべきルールを分かりやすく解説。併せて、中小規模事業者によくある事例への対応、不適正な取り扱いに対する監督、罰則などの解説も盛り込んだ。個人情報保護法の改正ポイントに加えて、適切な個人情報の取り扱い方法がこの1冊で分かる。

(A5判/136頁/税込み1404円/経団連出版)

次の記事

影島広泰

「ITビジネス法務」を検討するとき、「いまさら聞けない雰囲気」の中で「知ったかぶり」のままやり過ごすことになりかねないIT用語の基礎知識について、この分野の第一人者であ…

前の記事

影島広泰

今年5月30日に完全施行された「改正個人情報保護法」。本書では、オールカラーで要点を押さえ、分かりやすい文章と図版で同法を紹介する。

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…