セレクト地域短信 若手経営者がタウン誌作成 2万部無料配布中

経営者を前面に押し出した活気ある表紙

東京商工会議所杉並支部は5月31日、荻窪地区の魅力発信を目的としたタウンマガジン『ogibon(オギボン)』の第2号を発行した。JR荻窪駅や地元の商店などで2万部を無料配布している。

このタウン誌は、荻窪で働く30代中心の若手経営者7人が作製したもので、2週間ごとに編集会議を開き、まちの情報を持ち寄り共有してきた。

ターゲットは荻窪在住・在勤の30~40代の女性で、荻窪の良さを身近に感じてもらえるように、店を運営する「人」に着目した内容になっている。運営する人の顔を大きく載せ、どんな人がどのような思いで店をつくっているかを知ることができる。

荻窪は駅の乗降客数が多い割にまちのイメージが確立されておらず、中野や吉祥寺など人気のまちに挟まれていることから発信力に乏しい一面もあるという。集客力アップを目標に、オギボンは今後年2回のペースで発行される予定だ。

同支部は、「オギボンを通じてより深く荻窪の魅力を知ってもらいたい」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 クールビズ宣言で夏を乗り越えよう

埼玉県 川口商工会議所

川口商工会議所(埼玉県)は会員企業にクールビズの取り組みを勧める一環で「私の企業もクールビズ宣言!」と銘打って缶バッジを有料配布している。...

前の記事

セレクト地域短信 地域ブランド理解促進へ 銘酒蔵元で勉強会

宮城県 塩釜商工会議所

塩釜商工会議所(宮城県)は昨年より実施している地域資源勉強会の第3弾として、4月5日に「蔵元見学会」、5月8日に「日本酒の歴史と愉しみ」の講習会...

関連記事

セレクト地域短信 チョコでまちに熱狂を 支出額1位をPR

山口県 山口商工会議所

山口商工会議所は3日と6日、チョコレートイベント「チョコフロールやまぐち‼ ㏌中心商店街」を開催した。「チョコフロール」とは、山口県・市が姉...

セレクト地域短信 炭鉱遺産を観光資源に 市内回遊コース造成

北海道 赤平商工会議所

赤平商工会議所(北海道)など民間中心の9団体でつくる「赤平炭鉄港推進協議会」は、10月23日に「こもれび通りウオーキング大会」を開催した。同協...

セレクト地域短信 3者相互で販売する物産展開催

三重県 熊野商工会議所/岐阜県 中津川商工会議所/山梨県 甲府商工会議所

熊野商工会議所(三重県)、中津川商工会議所(岐阜県)、甲府商工会議所(山梨県)は、コロナ禍で消失した需要を回復させるとともに地域経済の活...