日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 商圏情報で販路拡大を 地域特性を可視化

見込み客データの分析に活用

横須賀商工会議所(神奈川県)は7月、地理情報システム(GIS)を活用した商圏レポートを会員企業に無料(非会員は1万円)で提供するサービスを開始した。

会員企業の販路拡大を目指す同サービスは、商圏内の世帯数や人口構成などの統計情報と地図情報を組み合わせて提供するもの。地域の見込み客が可視化されることで分析しやすく、地域特性を把握しやすいという利便性がある。

さらに、会員企業には「GIS簡易診断セット」(3000円)と、「GIS分析セット」(1万円)も用意。簡易診断セットは、自社の顧客データに加えて同所職員が会員企業にヒアリングし、新規客が多い地域を地図上に示して可視化できる。分析セットは、専門家がヒアリングを実施。見込み客データを地図上に落とし込んで詳細に分析し、レポートを提出する。

7月28日からは、説明会などを通じて募った会員企業5社が参加する半年間のプロジェクト「足元商圏戦略塾」がスタート。GISを活用した経営計画を立て販売拡大を目指す。

5社は定期的に集まり、専門家を交えて情報共有。GISの活用法などを学び、個別相談を経て具体的な営業戦略などに役立てる。「年末には成功事例を生み出し、次につなげていきたい」と期待する同所は、「大企業などは商圏分析を活用した戦略立てを行っているが中小企業にはほとんど普及していない。無料で商圏レポートを提供することで、少しでも会員企業のサポートができれば」と今後の意気込みを語る。

次の記事

セレクト地域短信 継続支援で復興推進 企業マルシェ第1弾開催

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は7月28・29日に、福島県の農産物・物産品を会員企業の協力で展示販売する「企業マルシェ」の第1弾として「福島復興 天王洲マルシ...

前の記事

セレクト地域短信 舟上茶会で小江戸満喫 「和装で散策」に特典も

千葉県 佐原商工会議所

佐原商工会議所(千葉県)などは、6月14・15日に、香取市佐原で「第1回佐原茶会~御茶と愛でる伝統文化~」を開催した。このイベントは、今も江戸情...

関連記事

セレクト地域短信 地域防災の推進に 行政、自治会と包括協定

神奈川県 小田原箱根商工会議所

小田原箱根商工会議所(神奈川県)、小田原市、小田原市自治会総連合の3者は、防災に関する包括連携協定を8月30日に締結した。同協定は、小田原市の...

セレクト地域短信 9色の風船が大空彩る 市民の願いを乗せて

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、風船に市民の夢や希望が書かれたメッセージカードを付けて大空へ放つイベント「サマーフェスティバルHAKUSAN2021」バ...

セレクト地域短信 「ごはんやってますガイド」のサイト開設

長野県 大町商工会議所

大町商工会議所(長野県)はこのほど、コロナ禍の市内飲食店を応援する「おおまちご近所TAKEOUT ごはんやってますガイド」のWEBサイトを開設した...