日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 商圏情報で販路拡大を 地域特性を可視化

見込み客データの分析に活用

横須賀商工会議所(神奈川県)は7月、地理情報システム(GIS)を活用した商圏レポートを会員企業に無料(非会員は1万円)で提供するサービスを開始した。

会員企業の販路拡大を目指す同サービスは、商圏内の世帯数や人口構成などの統計情報と地図情報を組み合わせて提供するもの。地域の見込み客が可視化されることで分析しやすく、地域特性を把握しやすいという利便性がある。

さらに、会員企業には「GIS簡易診断セット」(3000円)と、「GIS分析セット」(1万円)も用意。簡易診断セットは、自社の顧客データに加えて同所職員が会員企業にヒアリングし、新規客が多い地域を地図上に示して可視化できる。分析セットは、専門家がヒアリングを実施。見込み客データを地図上に落とし込んで詳細に分析し、レポートを提出する。

7月28日からは、説明会などを通じて募った会員企業5社が参加する半年間のプロジェクト「足元商圏戦略塾」がスタート。GISを活用した経営計画を立て販売拡大を目指す。

5社は定期的に集まり、専門家を交えて情報共有。GISの活用法などを学び、個別相談を経て具体的な営業戦略などに役立てる。「年末には成功事例を生み出し、次につなげていきたい」と期待する同所は、「大企業などは商圏分析を活用した戦略立てを行っているが中小企業にはほとんど普及していない。無料で商圏レポートを提供することで、少しでも会員企業のサポートができれば」と今後の意気込みを語る。

次の記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は7月28・29日に、福島県の農産物・物産品を会員企業の協力で展示販売する「企業マルシェ」の第1弾として「福島復興 天王洲マルシェ」を開催した。同事業は、今…

前の記事

千葉県 佐原商工会議所

佐原商工会議所(千葉県)などは、6月14・15日に、香取市佐原で「第1回佐原茶会~御茶と愛でる伝統文化~」を開催した。このイベントは、今も江戸情緒あふれるまち並みが残り、重…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…