日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 商売繁盛を願い、姫だるまをお届け

「毎年届けられるのが楽しみ」と地元の事業所にも好評

竹田商工会議所青年部は1月2日と4日、竹田市の民芸品で縁起物の「姫だるま」を会員事業所に届ける正月恒例の行事「投げ込み」を実施。メンバー28人が141の事業所に約200体の姫だるまを配布し、商売繁盛を祈念した。

投げ込みは、古くから竹田市で行われ、昭和55年から同YEGが引き継いでいる伝統行事。「初売りと御用始めの日に姫だるまを投げ込まれた家は福が舞い込む」と伝えられ、メンバーが事前に申し込みのあった事業所を回り、手渡ししている。

訪問先でリクエストがあると、メンバーが「新春の祝いめでたき姫だるま、七転び八起き、家内安全、商売繁盛……イヨー、おめでとうございます!」と、昔ながらの口上と一本締めで盛り上げる。毎年依頼しているという事業所の代表は、「これをもらうと、新しい年の訪れを実感する」と顔をほころばせた。

プロジェクトリーダーを務める同YEGの小澤洋志さんは、「年の始めに福を配る、ありがたいお役目。気持ちを引き締め、伝統を大切に引き継いでいきたい」と振り返っている。

次の記事

福岡県 柳川YEG

柳川商工会議所青年部は1月19日、市内で活動する少年野球チームを対象に野球教室を開き、18チーム180人を招待した。今回講師を務めたのは、元ソフトバンクホークスの柴原洋さん…

前の記事

日本YEG

日本商工会議所青年部が全国9ブロックで開催する「ブロック大会」が昨年8〜10月にかけて行われた。熱い議論を繰り広げたメンバーらは、分科会でも交流を深め、今後の単会活動に…

関連記事

徳島県 鳴門商工会議所青年部

コロナ禍での活動は新型コロナウイルス感染症の影響で、当初予定していた事業がほとんど行えない状況が続き、阿波おどりも中止となり活気ゼロに近いです。しかし、毎月1日更新…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)広報委員会は、オンラインで渋沢栄一翁の玄孫(やしゃご)・澁澤健氏による講演会と同氏と日本 YEG 米良充朝会長との対談を開催した。オンライン…

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…