日智経委 チリ経済界と懇談 南米歴訪中の首相も同席

チリ・日本経済委員会との懇談会でスピーチする安倍首相

日本・東京商工会議所国際部に事務局を置く日智経済委員会国内委員会は7月30日、チリ・サンチアゴで、中南米諸国歴訪中の安倍晋三首相のチリ訪問に合わせて、チリ側のカウンターパートである智日経済委員会チリ国内委員会と懇談会を開催した。

懇談会には、安倍首相を交え、日智経済委員会の小島順彦委員長代理ら両国経済界トップ約20人が出席し、日本の成長戦略、TPP、太平洋同盟、アジア・太平洋安全保障、日本の対チリ協力などについて意見交換。安倍首相は、第一次安倍内閣の2007年に日智EPAを発効したことに触れ、「私にはチリとの関係を発展させる使命がある」と表明。EPAによって両国間の良好なビジネス環境が整備されていることを高く評価した。TPPについては、「新たな貿易投資のルール作りと経済連携の強化に積極的に貢献したい」と述べ、日本とチリで協力してリーダーシップを発揮していく考えを示した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする