日本の美景 晩秋、黄金色に染まるイチョウのまち

祖父江(そぶえ)のイチョウ 写真提供:一般社団法人 稲沢市観光協会

揖斐(いび)川、長良川、木曽川の三川がもたらす肥沃(ひよく)な地である祖父江は、江戸時代から続く「祖父江ぎんなん」の産地として有名です。

この地域は、冬に冷たい季節風が吹くため、防風林として古くから家の周りにイチョウが植えられてきました。別名「屋敷ぎんなん」といわれるように、家々の垣根となっています。ぎんなんの収穫が終わった晩秋になると、まち全体が黄金色に染まります。

次の記事

日本の美景 雪と光りに包まれる「杜の都」のケヤキ並木

宮城県 仙台市

杜(もり)の都として知られる仙台市。街路樹の葉がすべて散った12月に入ると、目抜き通りである定禅寺通(じょうぜんじどおり)に並ぶ160本のケヤキに...

前の記事

日本の美景 中国山地に現れる神秘的な「霧の海」

広島県 三次市

三次(みよし)市は、四方を中国山地の山々に囲まれた静かなまちです。江(ごう)の川、西城(さいじょう)川、馬洗(ばせん)川の3本の川が集まる三次盆地...

関連記事

日本の美景 旧澁澤邸

青森県 上北郡六戸町

星野リゾート青森屋の敷地内にひときわ目を引く幽玄な建物があります。日本経済の父と呼ばれる澁澤榮一の私邸として使われ、多くの会合などが開か...

日本の美景 飛騨の冬と人が生み出した白く輝く巨大な氷瀑

岐阜県 高山市

標高900mにある飛騨大鍾乳洞は、日本で最も高い場所に位置する観光鍾乳洞です。長い洞窟を探検家気分で楽しめるとあって通年で人気のスポットです...

日本の美景 新たな一年を告げる光が初空に奇岩を照らし出す

北海道 根室市

北海道の最東端に位置する根室市は、離島を除き、初日の出を日本で最も早く見ることのできる地として知られています。根室半島の中ほど、太平洋に...