日商 Assist Biz

更新

自慢の逸品 健康を意識した商品開発

小山商工会議所の大関理事

~第3回~地域うまいもんマルシェ

各地商工会議所を通じて集まった逸品を、週替わりで東京・秋葉原の食のテーマパーク「日本百貨店しょくひんかん」で販売する「地域うまいもんマルシェ」が開催中だ。店舗で販売された人気商品の「こだわり」に迫る。

地域資源を最大限活用

小山商工会議所(栃木県)では平成20年から、まちの活性化を図ろうと、同県が全国総生産量の約9割を誇る「かんぴょう」を使用した商品開発に着手。かんぴょうは、低カロリーなうえに食物繊維やカルシウム、カリウムなど、現代人に不足しがちな栄養素を豊富に含んだ食品だ。しかし、生産者の高齢化や、消費低迷などの問題を抱えており、この状況を打開したいと立ち上がったのが、農商工連携を推進していた大森武男会頭(当時、担当副会頭)であった。

大森会頭は、「かんぴょう開発委員会」を立ち上げ、かんぴょうの原料「夕顔の実」を粉末化し、同県産の小麦粉「イワイノダイチ」に練り込んだ「かんぴょううどん」を開発。もちもち感とつるつるとした食感が特徴の自慢の逸品だ。新しいヘルシーフードとして注目され、人気の商品となった。事業化後の展示会・販売会への出店は同所の大関幸秀理事が担当。現在は同市内の有限会社大地などが販売を担っている。

また、ブースには社会福祉法人パステルの、桑を使ったクッキーやうどんなども並んだ。かつて養蚕業が盛んだった同市。生産が大変なことと、輸入品にシェアを奪われ、養蚕農家は激減した。しかし、桑は健康食品として注目を集めている食材で、この伝統産業を守るため、施設を利用している障がい者らが六次産業化と自立を目指して努力を続けている。人材もまた、大切な地域資源なのだ。

次の記事

自慢の逸品 老舗豆屋が経験と技術を駆使 姉妹都市の農産物で新商品

キャラメルポップコーン/わさびナッツシリーズ/キャラメルナッツシリーズ

奈良県の北西部に位置する大和高田市。同市で文政2(1819)年に創業した出由(でよし)本店は、主に豆類の販売を生業とし、地域に愛される名店とし...

前の記事

自慢の逸品 長野 杜氏は全員他県出身者 北アルプスの恵みを活用

金蘭黒部/北安大國/白馬錦

黒部立山アルペンルートの長野県側の玄関口である大町市には現在、金蘭黒部(市野屋商店)、北安大國(北安醸造)、白馬錦(薄井商店)の三蔵が日本酒の...

関連記事

自慢の逸品 西尾 濃さが魅力の緑茶飲料 抹茶と煎茶を絶妙にブレンド

西尾っ茶/西尾の抹茶/ふりふり踊ろっ茶

西尾商工会議所は、西尾市産の抹茶を使用した抹茶入り緑茶飲料「西尾っ茶」を出品した。同市と周辺地域は全国有数の〝抹茶〟の生産地。茶の産地は...

自慢の逸品 甲府 信玄公生誕500年PR 地元銘菓やほうとう販売

桔梗信玄餅/桔梗信玄最中/桔梗信玄餅どら/くろ玉/甲斐の国の守り人/あけの金時/キャラ玉/かくし甲斐路/夏のほうとう

甲府商工会議所は、2021年が〝山梨の英雄〟戦国武将武田信玄公の生誕500年に当たることから、信玄公にちなんだ銘菓や郷土料理のほうとうを出品した...

自慢の逸品 甲府 ご当地カレー、一堂に 定番人気に変わり種も

青い富士山カレー/赤い富士山カレー/シャインカレー/ジョイアルカレー/ほろ酔いカレー/甲州地どり腕っぷしカレー/馬すじカレー/タバジビエ鹿カレー/甲斐の黒にんにくカレー/もろこしカレー/白桃シラップ漬

甲府商工会議所は、山梨県の特産品を使った「ご当地レトルトカレー」を一堂に集め、販売した。県の特産品には甲州牛や甲州富士桜ポーク、甲州地ど...