日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 実践!下請法 全国中小企業/ぷしゅよなよなエールがお世話になります

実践!下請法 全国中小企業

取引振興協会 著

本書は、下請法のポイントについてQ&Aなどを用い分りやすく解説。経営者層や管理職、実務担当者必携の書だ。

(A4判/283頁/税込み2571円/全国中小企業取引振興協会)

ぷしゅよなよなエールがお世話になります

井手直行 著

本書は、ずっと赤字だった会社を11期連続増収増益にした井手直行氏の挫折と再生のストーリー。読む人によって感動のポイントが変わる十人十色のビジネス書だ。

(四六判/288頁/税込み1620円/東洋経済新報社)

次の記事

山本貴之/冨山和彦/営共創基盤

M&Aの「新」潮流 山本貴之著 本書は日本政策投資銀行M&Aアドバイザリーチームが総力をあげて、業界再編の重要な選択肢である日本のM&Aの最新トレンドを大胆に分…

前の記事

原田宗彦

スポーツ都市戦略2020年後を見すえたまちづくり原田宗彦著本書は、スポーツに親しむまちづくりとスポーツによる交流拡大の課題とその解き方を分析。スポーツを通じたまちづくり…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…