まちづくり特別委・社会資本専門委 一体的推進を議論 初の合同会議開催

「ぶらくり丁商店街」

日本商工会議所は5月16~17日、「まちづくり特別委員会」および「社会資本整備専門委員会」の合同会議を和歌山県和歌山市・田辺市で開催した。合同での開催は初めて。

平成27年度に政府が策定した国土形成計画・社会資本整備重点計画では、今後の方向性として、「コンパクト+ネットワーク型の都市構造」「ストック効果の最大化を目指したインフラ整備」などが打ち出された。このため、まちづくりと社会資本整備の一体的な推進について議論するとともに、その先進事例を視察するため合同会議を開催した。

初日は、和歌山市役所および和歌山商工会議所から同市におけるコンパクトなまちづくりついて解説があった。その後、地域で活性化に取り組んでいる「ぶらくり丁商店街」などを視察した。

2日目は、田辺市を訪問し、国土交通省および田辺商工会議所から同市におけるインフラ整備や中心市街地活性化の取り組みについて説明。その後、商工会議所が協力し中心市街地にオープンした特産の梅干しと梅酒の専門店などを見学した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする