日商 Assist Biz

更新

教えて!下請法 vol.11

このコーナーでは、「下請法(下請代金支払遅延等防止法)」の概要や親事業者・下請事業者の定義、取引の内容、親事業者の義務・禁止事項などを、Q&A方式で解説しています。今回は「有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止」についてご紹介します。

Q.下請事業者に有償で材料を支給し、製造を委託しています。下請事業者は、その支給材を1次加工で使用し、社内の次工程で2次、3次の加工をしてから当社に完成品として納入しています。1次加工で支給材を使用しているので、下請事業者の支給材の対価は、支給した翌月の支給材の対価と相殺しても問題はないでしょうか?

A.NO!「有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止」に該当し、違反となります 質問の件は、有償で下請事業者に支給した材料を用いて1次加工をしているので、既に材料が使用されており、翌月に支給材の対価と相殺しても良いのではないかとのことです。しかし、1次加工後、更に2次、3次加工を行って完成するので加工期間が長く、当該支給材を使用した製品は材料を支給した当月には納入されておらず、下請代金の支払いは翌々月以降になると考えられます。

そうすると、当該製品の対価の支払いより以前に、支給材の対価を相殺してしまうことになり、「有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止」に該当し、違反となります。使用されているから相殺して良いという問題ではないのです。当該材料を使用して製造した製品の代金から、使用した材料代のみを引くのであれば良いということです。

次の記事

公益財団法人 全国中小企業取引振興協会

今回は「不当な経済上の利益の提供要請の禁止」についてご紹介します。Q.プライベートブランド(PB)商品の製造を委託している下請事業者に対し、自社が開催するイベントの協…

前の記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「購入・利用強制の禁止」についてご紹介します。Q.顧客から受託した運送を下請事業者に委託しています。発注担当者から下請事業者に当社と取引のある保険会社を紹介す…

関連記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「割引困難な手形の交付の禁止」についてご紹介します。Q.当社は化学品、化成品などの事業を兼業していますが、主体は繊維業です。下請代金の支払いを手形で行っており…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の支払遅延の禁止」についてご紹介します。Q.毎月末検収締切・翌月25日支払いの支払制度を採っています。検収通知書を下請事業者に送付し確認・了承を得た上…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の減額の禁止」についてご紹介します。Q.下請事業者に単価の引き下げ交渉を行ったところ、下請事業者から、「正式単価を引き下げられると再引き上げが困難に…