日商 Assist Biz

更新

教えて!下請法 vol.9

このコーナーでは、「下請法(下請代金支払遅延等防止法)」の概要や親事業者・下請事業者の定義、取引の内容、親事業者の義務・禁止事項などを、Q&A方式で解説しています。今回は「割引困難な手形の交付の禁止」についてご紹介します。

Q.当社は化学品、化成品などの事業を兼業していますが、主体は繊維業です。下請代金の支払いを手形で行っており、繊維関係については90日以内のサイトにするように行政庁から指導されているため、兼業部分も含め全社的に90日のサイトとしています。兼業の化学品などの非繊維部分については、120日のサイトとしてよいでしょうか。

A.NG!一方的に120日のサイトにしてもよいということではありません

公正取引委員会及び中小企業庁は、昭和41年以降、支払手形の手形期間を繊維製品に係る下請取引においては90日以内、その他の下請取引については120日以内にするように指導しています。従って、化学品などの兼業部分については120日以内のサイトが原則ですが、だからといって現在90日のサイトとなっているものを一方的に120日のサイトにしてもよいということではありません。なぜなら、下請代金は現金払いが原則であるところ、割引困難でない手形であれば手形支払いを容認し、その手形期間はできる限り短くするように、また、現在120日未満の期間の手形を交付している親事業者は、その期間を維持するよう努めることが指導されているからです。

また、手形のサイトの延期という支払条件の悪化を見込んだ対価を下請事業者と十分な協議の上で設定しなければ、「買いたたき」に該当する恐れがあるとされます。

前の記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の支払遅延の禁止」についてご紹介します。Q.毎月末検収締切・翌月25日支払いの支払制度を採っています。検収通知書を下請事業者に送付し確認・了承を得た上…

関連記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の減額の禁止」についてご紹介します。Q.下請事業者に単価の引き下げ交渉を行ったところ、下請事業者から、「正式単価を引き下げられると再引き上げが困難に…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止」についてご紹介します。Q.部品などの製造・加工を下請事業者に依頼しました。しかし、製品の売れ行きが悪いことから…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「返品の禁止」についてご紹介します。Q.下請事業者から納品された物品について、受け入れ検査を実施しました。しかし、目立つ傷があることに気が付かず、合格品として処…