日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 電子商品券を実証実験 QRコードで簡単決済

「のおがたPay」アプリ画面

直方商工会議所(福岡県)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている同所会員が安心して経済活動に取り組めるよう、フェリカポケットマーケティング社(東京・港)が持つ地域マネー機能を活用した決済機能付きスマートフォンアプリ「のおがたPay」の実証実験を実施する。

同所は以前から、直方市と連携し、「ブロックチェーン技術」などを活用した地域経済の活性化と消費を促す具体策を検討してきた。その第一歩がプレミアム商品券を電子化する「のおがたPay」だ。このアプリの利用促進を目的に10月9日から行う「20%付与キャンペーン」では、1万円で1万2千円分の電子商品券が購入できる。プレミアム分の20%は、県と市が案分負担する。購入希望者は、1人10万円を上限に専用サイトで9月27日まで予約でき、当選者には10月1日にメールで通知。購入金額を指定金融機関に振り込み、利用が可能だ。

同キャンペーンには、同市内の小売り、飲食、サービス業の各店舗が参加。専用QRコードを設置すると「のおがたPay」の利用に対応できる。同実証実験は来年2月まで行い、その後、本格導入を検討するという。

同所の河野和家さんは「このアプリが将来的に直方市の健康ポイントやその他のサービスにも発展し、市内事業者の経済活動に寄与できれば」と意気込む。

http://www.nogata-cci.or.jp/shohinken/index.html

次の記事

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…

前の記事

石川県 輪島商工会議所

輪島商工会議所(石川県)は、輪島の美しい景色を観光資源として掘り起こし、市内外にPRすることを目的に「輪島百景」と題して写真の公募を行っている。2017年1月1日以降に撮影し…

関連記事

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…

岐阜県 羽島商工会議所

羽島商工会議所(岐阜県)は9月1日、マスコミ関係者に向けて地域の中小・小規模事業者の商品情報を発信する「新製品・新サービス等合同記者発表会」を羽島市民会館で開催した。昨…