日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 官民で商工センター再開発 まちづくりの試金石に

記者会見を行う藤田会頭(左)ら

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の一つであるLABV(官民協働開発事業体)で取り組むことを発表した。LABVは、自治体が公有地を現物出資し、民間事業者が資金出資して設立する共同事業体が公共施設と民間収益施設を複合的に整備する手法。連鎖的に事業を生み出す可能性があり、英国などで取り組みが見られるが、国内で事業化された事例はないという。

商工センターは築40年が経過し老朽化が著しいため市は建て替えを検討、隣接する山口銀行も同様に建て替えを検討していたことから連携してこのエリアを再整備することを3者で合意。2019年度に国土交通省の補助金を活用して官民連携事業の可能性調査を実施し、その結果、LABVの手法による実現可能性があると結論付けられた。

同事業は「広場を活用した多世代が集う交流・にぎわい拠点」をコンセプトに、敷地内に市の施設や同所、銀行、商業店舗、山口東京理科大学の学生寮などを整備する計画だ。今年度末には事業構想を策定し、21年度に民間の事業パートナー(出資企業)を募集、22年度に共同事業体を設立し建設着手を目指す。

「まちづくりの試金石となる事業」(藤田剛二市長)として、同所は実現に向けプロジェクトチームを編成。藤田敏彦会頭は会見で「時代のニーズに即応した新しい形での事業が展開できるよう努力したい」と述べた。

次の記事

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

前の記事

福岡県 直方商工会議所

直方商工会議所(福岡県)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている同所会員が安心して経済活動に取り組めるよう、フェリカポケットマーケティング社(東京・港)が持つ地域…

関連記事

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…

岐阜県 羽島商工会議所

羽島商工会議所(岐阜県)は9月1日、マスコミ関係者に向けて地域の中小・小規模事業者の商品情報を発信する「新製品・新サービス等合同記者発表会」を羽島市民会館で開催した。昨…