日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 キュリアス

松一

キュリアスとは英語で「好奇心旺盛な」「物珍しい」という意味。ひらめきを大切にする企業精神から、他にはないデザインが生まれています(撮影:加藤正博)

今月は、人工関節にも使用されている合金・コバリオン製のユニークな指輪をご紹介します。

コバリオンとは、東北大学が開発し、金属事業部門を持つ釜石市のエイワが製造、いわて産業振興センターが登録した合金の商標です。イオン化しやすく金属アレルギーの原因の一つとされるニッケルの含有量が極端に低い上、非常に硬く傷がつきにくいことから、医療分野で利用されています。また、プラチナに似た色味と変色しにくい性質から、アクセサリー素材としての広まりもみせています。

硬度が高く加工が難しいこの素材を、金属加工を手掛ける松一は自社の技術力を試すものと捉え、コバリオン製アクセサリーの開発に乗り出しました。遊び心あるデザインの中に技術の高さをのぞかせる、「無駄にハイスペック」がテーマの指輪は、使う人を楽しい気持ちにしてくれます。同時に、岩手産合金の活用が東北復興の一助となればと、新たなジュエリーの制作にも取り組んでいます。

お問い合わせ

松一

TEL:0266-52-1317

HP:http://www.matsu-ichi.co.jp/

※月刊石垣2019年3月号に掲載された記事です

次の記事

伝えていきたい日本の技 加賀手まり

加賀花てまりの会

今月は、鮮やかな色使いが際立つ愛らしい郷土玩具、加賀手まりをご紹介します。江戸時代、加賀藩の城下町であった金沢は北陸地方最大の都市として...

前の記事

伝えていきたい日本の技 土佐宝石珊瑚

前川珊瑚工房

今月は、高知県の特産品である宝石サンゴを用いた、美しいアクセサリーをご紹介します。サンゴは世界各地で古くから愛され、装飾品や魔よけ、お守...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...