日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 加賀手まり 

加賀花てまりの会(石川県金沢市)

美しい色彩ばかりでなく、絹糸のつややかさと綿の柔らかさから生まれる優しい手触りも加賀手まりの魅力です(撮影:加藤正博)

今月は、鮮やかな色使いが際立つ愛らしい郷土玩具、加賀手まりをご紹介します。

江戸時代、加賀藩の城下町であった金沢は北陸地方最大の都市として繁栄し、その石高から「加賀百万石」と称されました。文化的にも豊かな発展を遂げ、さまざまな伝統工芸がその技を極めていく中で、加賀手まりも二代将軍・徳川秀忠の娘・珠姫(たまひめ)が前田家に輿入(こしい)れした際に持参した手まりをもとに生まれたとされています。御殿女中から始まった手まりづくりは、やがて城下町に広がり、母親がつくった手まりを嫁ぐ娘に魔よけとして持たせるという風習が根付いていきました。花を連想させる美しい幾何学模様は、糸を巻いて固めた綿の球に五彩の糸を掛けて描きだされており、その由来や模様から『姫てまり』『花てまり』とも呼ばれています。

近年では海外からの観光客が土産として買い求めることも多く、手まりづくりの技を応用した指ぬきも同様に人気があります。

お問い合わせ

金沢・クラフト広坂

TEL:076-265-3320

HP:http://www.crafts-hirosaka.jp/

※月刊石垣2019年4月号に掲載された記事です

次の記事

円舘工芸舎

今月は、独特の木目と柔らかな色合いが美しいエンジュの茶筒をご紹介します。北海道に自生するエンジュは中国原産の樹木で、「延寿」「縁授」などとも表記され、縁起の良い木と…

前の記事

松一

今月は、人工関節にも使用されている合金・コバリオン製のユニークな指輪をご紹介します。コバリオンとは、東北大学が開発し、金属事業部門を持つ釜石市のエイワが製造、いわて…

関連記事

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…

鍋島 虎仙窯

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けを…

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により前身となる刀剣商からの転換…