日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 エンジュの茶筒

円舘工芸舎(北海道網走郡美幌町)

表面を塗装して仕上げた定番のもの(右)に加え、あえて塗りを施さずにエンジュ本来の色味を生かした茶筒(左)など、新しい取り組みも(撮影:加藤正博)

今月は、独特の木目と柔らかな色合いが美しいエンジュの茶筒をご紹介します。

北海道に自生するエンジュは中国原産の樹木で、「延寿」「縁授」などとも表記され、縁起の良い木として古くから親しまれてきました。耐久性・保存性に優れ、匂いが薄いため、テーブルウエアに適した木材として人気があります。円舘工芸舎のつくる茶筒は道産のエンジュを使った一本もので、茶筒本体とふたを同一の木から削り出しています。その制作の過程は全て手作業で、一工程が終わるごとに自然乾燥させているため、縮みやひび割れを抑え、湿度に左右されずふたが閉まります。

円舘工芸舎代表・円舘金さんは、木工ろくろの技術をさらに磨きながら、美幌峠から見られる天の川や星空などからの着想を元に新ブランドを立ち上げるなど、新たな試みにも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ

円舘工芸舎(えんだてこうげいしゃ)

TEL:0152-73-4641

HP:http://www.bien-endate.com/

※月刊石垣2019年5月号に掲載された記事です

次の記事

ヤマ亮横井製陶所

今月は、干支をモチーフにしたかわいい美濃焼の器をご紹介します。美濃焼は、岐阜県東濃地方でつくられている陶器のこと。この地方で良質な粘土が多く産出されることからシェア…

前の記事

加賀花てまりの会

今月は、鮮やかな色使いが際立つ愛らしい郷土玩具、加賀手まりをご紹介します。江戸時代、加賀藩の城下町であった金沢は北陸地方最大の都市として繁栄し、その石高から「加賀百…

関連記事

及源鋳造

今月は、岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の新たな姿を見せるブランド、Palma(パルマ)をご紹介します。南部鉄器には二つのルーツがあり、奥州市水沢地区と盛岡市を中心に鋳物…

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古くから見られ、4000年以上の歴史…

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育てるため7人の鋳造師を当地に…