日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 LUCKY12

ヤマ亮横井製陶所(岐阜県土岐市)

三代目社長・横井亮一さんがつくる遊び心あふれる縁起物。手前左から子、丑、寅、卯、中段左から辰、巳、午、羊、奥左から申、酉、戌、亥(撮影:加藤正博)

今月は、干支をモチーフにしたかわいい美濃焼の器をご紹介します。

美濃焼は、岐阜県東濃地方でつくられている陶器のこと。この地方で良質な粘土が多く産出されることからシェアを広げ、現在では陶器の全国生産量の45%を占めています。中でも土岐市は製造が盛んで、美濃焼の3分の2は同市でつくられています。

1924年に神仏具の窯焼きとして創業したヤマ亮横井製陶所では、石膏(せっこう)型に粘土を流し込む鋳込みという製法を得意とし、干支(えと)の置物も製造するようになりました。しかし、干支への興味の低下などから生産量が減少し、新たな切り口を求め、テーブルの上で使える食器としての干支をデザインしました。器として、杯(さかずき)として、置物としてと三通りに楽しめるユニークな商品は、日本の誇る地方産品を世界に伝える経済産業省のプロジェクト「The Wonder 500」にも選定されています。

お問い合わせ

ヤマ亮横井製陶所(やまりょうよこいせいとうじょ)

TEL:0572‒57‒6718

HP:http://www.yamaryo451.com/

※月刊石垣2019年6月号に掲載された記事です

次の記事

秋田商工会議所

今月は、秋田県伝統工芸品で純銀線を素材とする銀線細工の、新しい取り組みをご紹介します。銀線細工の技法は、平戸の貿易港を通じて欧州・東南アジアから伝わったとされていま…

前の記事

円舘工芸舎

今月は、独特の木目と柔らかな色合いが美しいエンジュの茶筒をご紹介します。北海道に自生するエンジュは中国原産の樹木で、「延寿」「縁授」などとも表記され、縁起の良い木と…

関連記事

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだこ…

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地…

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…