日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 土佐宝石珊瑚

前川珊瑚工房

サンゴが主体であった従来のサンゴ宝飾とは異なる、金箔(きんぱく)や蝶貝などさまざまな素材を組み合わせたモダンなブローチ『華』シリーズ(撮影:加藤正博)

今月は、高知県の特産品である宝石サンゴを用いた、美しいアクセサリーをご紹介します。

サンゴは世界各地で古くから愛され、装飾品や魔よけ、お守りとして珍重されていました。特に土佐沖で採れるサンゴは質が高く、深い赤色の血赤(ちあか)サンゴに「トサ」の別名がつくなど、最高ランクに位置付けられています。高知県では明治時代にサンゴ細工が発展し、現在もサンゴ製品の8割(※)が県内で制作されています。

前川珊瑚工房の前川泰山さんは、伝統的な表現にとらわれず、自由な発想でサンゴ細工に取り組み注目を集めているサンゴ彫刻の第一人者です。異なるサンゴを組み合わせ、それぞれの色を生かして彫り上げる「寄木手法」や、異素材と組み合わせることで色彩や形状を際立たせた作品は国内外から高い評価を受け、2001年には黄綬褒章を受章しました。皇室へ多数の作品を献上する一方、後進の育成にも努め、新たなサンゴの可能性を広げています。

※日本珊瑚商工協同組合HPより

お問い合わせ

前川珊瑚工房

TEL:088-832-1535

HP:http://kougeizanmai.com/maekawa/

※月刊石垣2019年2月号に掲載された記事です

次の記事

松一

今月は、人工関節にも使用されている合金・コバリオン製のユニークな指輪をご紹介します。コバリオンとは、東北大学が開発し、金属事業部門を持つ釜石市のエイワが製造、いわて…

前の記事

灰吹屋 西田筆店

今月は、筆を立てると小さな人形が顔をのぞかせる、神戸市有馬温泉名産の人形筆をご紹介します。有馬温泉は、日本三古湯に数えられる歴史ある名湯で、古事記や日本書紀にもその…

関連記事

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…

鍋島 虎仙窯

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けを…

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により前身となる刀剣商からの転換…