日本公庫 売り上げ50%以上減 ホテル・旅館の9割

日本政策金融公庫(日本公庫)はこのほど、「生活衛生関係営業の新型コロナウイルス感染症に関する調査」の結果を公表した。同調査は6月中旬に郵送で生活衛生関係営業企業を対象に実施し、3138社から回答を得た(回答率95・4%)。

新型コロナウイルスの影響の有無については、「影響があり、今後も影響が続く見込み」と回答した企業の割合は88・7%、「影響はあったが、現時点では収束している」は6・9%となった。

事業への影響は「売り上げ(来店者)が減少」と回答した企業の割合が98・5%と最も多い。次いで「営業時間の短縮・変更」が65・7%、「休業(一時的なものを含む)」が53・4%だった。

売り上げの減少幅については、事業への影響で「売り上げ(来店者)が減少」と回答した企業に2020年2~5月の売り上げの減少幅(対前年同期)を聞いたところ、47・8%の企業が「50%以上減少」と回答。「80%以上減少」は14・8%だった。業種別では、ホテル・旅館業は89・6%、飲食業は66・3%の企業が「50%以上減少」と回答した。

運転資金の補填(ほてん)については、「不足したため自己資金(代表者、役員、家族借り入れを含む)で補った」と回答した企業の割合は42・6%だった。「不足したため外部からの借り入れなどで補った」は38・6%だった。

詳細は、https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/seikatsu20_0804a.pdfを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする