日商 Assist Biz

更新

教えて!下請法 Vol.4

このコーナーでは、「下請法(下請代金支払遅延等防止法)」の概要や親事業者・下請事業者の定義、取引の内容、親事業者の義務・禁止事項などを、Q&A方式で解説しています。今回は「受領拒否の禁止」についてご紹介します。

Q 下請事業者へ発注書を交付後、当社の取引先の仕様変更により、製品の発注が不要になってしまいました。下請事業者に問い合わせると、製品はすでに完成していましたが、発注を取り消し、新しい仕様書に基づいた製品を新たに発注しました。この場合は、下請法上で問題となりますか。

A. NG! 受領拒否に当たります 受領拒否とは、「下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに、下請事業者の給付の受領を拒むこと」をいいます。文字どおり、下請事業者が納めた製品を受領しない場合はもちろん、すでに完成しているにもかかわらず、「下請事業者の責めに帰すべき理由」なく納期を延期、もしくは発注を取り消すことによって、発注時に定められた納期に下請事業者が納めた製品の全部、または一部を受け取らない場合も該当します。 このケースのように、発注書の交付後、製品がすでに完成しているにもかかわらず、下請事業者への発注を取り消すことは受領拒否に当たり、認められません。 なお、完成していなくても一方的に発注を取り消すと、「不当な給付内容の変更」に該当することになるため、下請事業者が製品の製造に要した費用を支払う必要があります。納期や数量、代金などについて、下請業者と事前によく協議し、合意した上で発注してください。また、協議の内容なども記録・保存しておくとよいでしょう。

Q 下請事業者に製品を分納で発注し、第1回分が納入されました。しかし、その納入分に不合格品が発生したため、これからの納入分については発注を取り消したいのですが……。

A.NG! 「不当な給付内容の変更」に当たります この場合も、第2回以降の納入分について不合格品が納入された場合でなければ、受領を拒むことはできません。現時点で不合格品が発生することが明らかでない限り、「下請事業者の責めに帰すべき理由」があるとは認められないからです。製品の完成前であっても、第1回納入分の不合格品を理由として発注を取り消すことは、「不当な給付内容の変更」に当たると考えられます。

次の記事

教えて!下請法 vol.5

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「返品の禁止」についてご紹介します。Q.下請事業者から納品された物品について、受け入れ検査を実施しました。しかし、目立つ傷があること...

前の記事

教えて!下請法 Vol.3

公益財団法人 全国中小企業取引振興協会

今回は「買いたたき」をテーマにご紹介します。Q 当社は、発注単価の改定について下請事業者との協議を全く行わず、一方的に単価を決定しています...

関連記事

教えて!下請法 Vol.12

公益財団法人 全国中小企業取引振興協会

今回は「不当な経済上の利益の提供要請の禁止」についてご紹介します。Q.プライベートブランド(PB)商品の製造を委託している下請事業者に対し、...

教えて!下請法 vol.11

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

Q.下請事業者に有償で材料を支給し、製造を委託しています。下請事業者は、その支給材を1次加工で使用し、社内の次工程で2次、3次の加工をしてか...

教えて!下請法 Vol.10

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「購入・利用強制の禁止」についてご紹介します。Q.顧客から受託した運送を下請事業者に委託しています。発注担当者から下請事業者に当社と...