日商 Assist Biz

更新

教えて!下請法 vol.5

このコーナーでは、「下請法(下請代金支払遅延等防止法)」の概要や親事業者・下請事業者の定義、取引の内容、親事業者の義務・禁止事項などを、Q&A方式で解説しています。今回は「返品の禁止」についてご紹介します。

Q.下請事業者から納品された物品について、受け入れ検査を実施しました。しかし、目立つ傷があることに気が付かず、合格品として処理してしまいました。この場合、下請事業者に対して後から返品することは可能ですか。

A.NG!返品は不可能です

受け入れ検査を行い、一度は合格品として受領したものであれば、後から明らかな傷が発見されたとしても、責任は適正に検査を行わなかった親事業者にあります。そのため、下請事業者に返品することはできません。

Q.受領した下請事業者の物品を検査したところ、傷が確認されました。該当する物品を返却した上で、傷のない物品を再度納品するよう要求しても、下請法上、問題となりませんか。

A.OK.問題ありません

返品とは、受領した物品などを返却し、同じものを再び受け取らないことです。しかし、この場合のように受領した物品などを一度下請事業者に返却し、それを補修させて再度納品させたり、優良品に交換させたりすることは、返品ではなく、やり直しに該当します。原因となった傷が通常の検査ですぐに発見できるものの場合、発見次第、速やかにやり直させることは問題ありません。

次の記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止」についてご紹介します。Q.部品などの製造・加工を下請事業者に依頼しました。しかし、製品の売れ行きが悪いことから…

関連記事

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「割引困難な手形の交付の禁止」についてご紹介します。Q.当社は化学品、化成品などの事業を兼業していますが、主体は繊維業です。下請代金の支払いを手形で行っており…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の支払遅延の禁止」についてご紹介します。Q.毎月末検収締切・翌月25日支払いの支払制度を採っています。検収通知書を下請事業者に送付し確認・了承を得た上…

公益財団法人 全国中小企業振興機関協会

今回は「下請代金の減額の禁止」についてご紹介します。Q.下請事業者に単価の引き下げ交渉を行ったところ、下請事業者から、「正式単価を引き下げられると再引き上げが困難に…