日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年10月1日号 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事業モデル転換に向けた新たな取り組みを支援する制度が動いていることはあまり知られていない。

▼観光庁が今年6月創設・募集を開始した「魅力的な滞在コンテンツ造成に向けた実証調査」事業である。今や全国の歴史ある祭りや花火大会、文化イベントやスポーツ大会などはことごとく中止となり、訪日客はもとより、大都市圏など遠方からの観光客が途絶えた地域。多くの事業者は先行きに大きな不安を抱えている。この支援制度は「調査」の名前は付いているが、実態はコロナ禍における新たな事業モデルの構築とその実践を促すものである。本事業の1次募集には全国から2千件近い応募があった。それだけ地域は切羽詰まっている証拠でもある。本稿が活字になる頃には審査結果も公表され、2次募集の渦中にあるものと思われる。

▼リモート観光と物販を組み合わせて将来の需要を喚起する、スマートフォンアプリなどを活用して分散型観光を誘導、集中的な祭りやイベントを小規模分散型の事業モデルに組み替える、自然・アウトドアなど密にならない環境を逆手に取った事業、ワーケーションなど新しいライフスタイルに対応する環境とプログラムの整備、早朝・夜間などの密にならない時間帯を活用するプログラムなどなど。誠に多様である。

▼かなりの長期間が予想されるコロナ禍の今、地域は大きな試練に立たされているがチャンスでもある。異日常の中の新たな日常をどう構築するか。大いに期待したい。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同…

前の記事

コラムニスト 宇津井輝史

戦争が終わって75年が経つ。コロナ禍の終戦記念日はひっそりと過ぎていった。1世紀の四分の三という遥かな時間はどういう意味を持つか。何よりもまず、この間、この国はいかな…

関連記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

「人手が足りない」という弁解を聞くことが多い。日本は人口減少の危機に直面していると再三聞かされているうちに、「人手不足」という言葉が免罪符になると誤解しているようだ…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

例年の春ならば、都心を忙しそうに歩く就活生の姿がめっきり減った。オンラインによる面接が一般化してきたためだろう。面接室に入って来たときのあいさつ、複数の面接官に対す…