日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年10月11日号 中村恒夫

「風が吹けば桶屋がもうかるというが、その逆を心配している」と中堅企業の前取締役は懸念を示した。コロナ禍によって、すでにサービス業を中心に人員圧縮の動きが出ている。同様に事業が縮小していけば、納入する機器の売り上げが減少し、機器製造に関わる中堅・中小企業の業績に影響を及ぼしかねない。在宅勤務やテレワークの拡大は働き方の多様化につながるものとして、評価されるべきだろう。一方で企業経営の観点から見ると「オフィス需要の低下、交通費の削減にとどまらず、さまざまな納入品が減少し、最後は下請け企業に波及する恐れが強い」というのだ。

▼日々の売り上げが業績に直結するサービス業に比べ、発注から納期まで一定の時間がかかる製造業は、業績への影響が遅れて出てくる。この間、経営者が新たな取引先開拓に努めても、好ましい結果が出るのは容易でない。売り上げが落ち込んだからといって製造設備の廃棄や担当部署の人員を減らしていては、長い年月をかけて培ってきた技術を継承できなくなってしまう。

▼デジタルトランスフォーメーション(DX)自体は時代の流れだ。業績悪化が目に見えやすいサービス業だけでなく、業種や企業規模を超えて、コロナ禍やDX進行による負の側面にも配慮した取り組みが、産業界全体に望まれる。

▼菅義偉首相率いる新政権は、デジタル化の推進や行政改革を通じた規制緩和に取り組む姿勢を強調している。従来、なかなか進捗(しんちょく)しなかった課題であり、その成果に期待したい。一連の改革に当たっては、日本の技術基盤を支えてきた中堅・中小企業にとっても、新たなビジネス機会を生むものであるように検討すべきだと考える。

(時事総合研究所客員研究員・中村恒夫)

次の記事

コラム石垣 2020年10月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月末、トランプ大統領とバイデン前副大統領は1回目の大統領選挙のテレビ討論会を行った。両候補者とも国政の基本政策を論ずることなく相手を口汚...

前の記事

コラム石垣 2020年10月1日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロ...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...