経団連提言 「Society 5・0時代のサプライチェーン」 IT実装支援盛り込む

日本経済団体連合会はこのほど、提言「Society5・0時代のサプライチェーン―商流・金流のデジタル化推進に向けて―」を取りまとめた。

同提言は、さまざまな環境変化を踏まえながら、日本企業の持つ、ステークホルダー全体への社会貢献と共存の考え方の強みを生かして、大企業から中堅・中小企業を含むサプライチェーン全体のデジタル化を推進し、課題解決と価値創造につなげることで、わが国産業の国際競争力を高めることを目的としている。中堅・中小企業を含むサプライチェーン全体のデジタル化を推進するため、経団連はサプライチェーン委員会を設置(委員長・立石文雄オムロン会長、京都商工会議所副会頭)、IT実装支援などについて検討してきた。

詳細はhttps://www.keidanren.or.jp/policy/2020/079.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする