日商 Assist Biz

更新

今日から始める“大人”健康生活 Vol.16 運動不足からくる腰痛対策

①体幹や膝関節を伸ばすストレッチ

足を交差させて立ち、前足の膝は軽く曲げ、後ろ足は膝を伸ばして、上体を前屈させる。次に足を入れ替えて、同様の動作をする。片側各10回、1日2~3セット行う。

②臀筋(お尻の筋肉)を強化するエクササイズ

仰向けになって膝を曲げる。その姿勢から軽くお尻を持ち上げ、ゆっくりと元に戻す。20回、1日2セット行う。

テレワーク(在宅勤務など)の導入で運動不足になった、コロナ太りしてしまった―。そんな人は、体が冷えやすくなる秋から冬にかけて、腰痛にも注意が必要です。

腰痛は、人間が二足歩行になったことで背負った宿命でもありますが、現代人は運動不足から体幹の筋力が低下しやすく、腰痛を招く下地ができています。そこへ今年は、新型コロナ感染対策によるテレワークや移動の自粛にともなう歩行の減少、座る時間の増加、ストレスなどの要素が加わり、知らず知らずのうちに腰は酷使されています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

福田千晶

新型コロナウイルスをきっかけに、企業のテレワークが進んでいます。毎日の通勤という負担がなくなって、体は楽になったはずなのに、「体がだるい」「疲れが抜けない」と訴える…

関連記事

福田千晶

「平成29年国民健康・栄養調査結果」(厚生労働省が3年に1度実施)によると、国民の20%強が「睡眠での休養が不十分」と答え、特に40代では30%を超えるなど、国民の一定割合が…

福田千晶

新型コロナウイルス感染予防で自粛生活が続いた影響から、普段は困ったことがないという人でも、便秘になってしまったという声をよく耳にします。一般的に、一過性の便秘が起こ…

福田千晶

風邪の引き始めに市販薬は心強い味方です。早く治すために、薬の成分をよく確かめて選びましょう。まず、喉の痛み、咳(せき)、鼻水、頭痛など、一般的な風邪の症状の緩和には、…