セレクト地域短信 「とかちマルシェ」に10万8千人

にぎわう会場。管外へのPRの強化により管外からの来場者も増加した

食の魅力アピールし、年々規模が拡大

帯広商工会議所を中心に帯広市などで構成するとかちマルシェ運営協議会は8月30日〜9月1日、JR帯広駅周辺で食と音楽の祭典「とかちマルシェ」を開催した。同イベントは2011年に同所創立90周年記念事業として始まり、今年で9年目。同所議員と事務局が一丸となって運営に当たっている。昨年に続き過去最多となる133店が出店し、3日間で延べ10万8千人が来場した。

会場には、100%十勝産小麦を使用したパンを販売する期間限定のベーカリーをはじめ、十勝産食材にこだわった料理、加工品、スイーツなどの飲食ブースが出店。ピザづくりなどが体験できる「食の体験エリア」も設けられ、親子連れでにぎわった。特設ステージでは吹奏楽の演奏やダンスなどが行われ、また、9月1日には全国の高校生が十勝産食材を使ったアイデア料理を競う「料理甲子園」も開催された。

来場者からは「何を食べてもおいしい」「会場内がおしゃれで雰囲気が良い」と好評だ。運営協議会の川田章博会長(同所副会頭)は「開催を重ねたことで出店者の横のつながりが生まれ、協力者も増えて十勝を代表するイベントに成長した。先人が苦労して開墾したこの地で生まれた食材が一堂に集まるこのイベントは開拓者たちの夢の舞台であり、思いが凝縮されている。十勝の食の魅力の再発見と新たな料理を考えるきっかけになれば」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 新一万円札の顔「渋沢栄一」PR

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所と埼玉県深谷市、東京都北区、公益財団法人渋沢栄一記念財団、深谷商工会議所(埼玉県)、ふかや市商工会(同)は8月27日、「渋沢栄...

前の記事

セレクト地域短信 商工祭でまちを一つに1万8000人が来場

兵庫県 加古川商工会議所

加古川商工会議所(兵庫県) は9月7~8日、「商工祭加古川楽市」を開催した。「楽市」とは豊臣秀吉などの戦国武将が推進していた都市・商業政策の一...

関連記事

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...

セレクト地域短信 企業版テークアウト&デリバリーを推進

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)は、フードデリバリー需要の創出を目的とした「企業版テイクアウト・デリバリー推進事業」を6月から開始した。同事業は、会...