経産省 地域未来牽引企業 新たに1060者選定

経済産業省はこのほど、地域経済の中心的な担い手となり得る企業1060者を2020年度「地域未来牽引(けんいん)企業」として新たに選定した。

同制度は17年度から実施し、企業データや各地域からの推薦をもとに外部有識者が検討した。これまでに、全国で3683者の企業や団体を選んでいる。

地域未来牽引企業には、同省が経営基盤強化、IT導入による生産性向上、人材確保、産学官連携、研究開発、海外展示会出展をはじめとする販路開拓、事業承継など、幅広いニーズに対応するさまざまな支援策を活用し、重点的に支援する。また、各経済産業局に配置している「地域未来コンシェルジュ」が、ワンストップで企業からの相談、問い合わせなどに対応するほか、メールマガジンやロゴマーク、オンラインセミナーなどで企業の取り組みを後押しする。

詳細は、https://www.meti.go.jp/press/2020/10/20201013001/20201013001.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする