伝えていきたい日本の技 さくら染め

和の衣さとう(岩手県北上市)

桜の色を残すため、染料に漬ける時間に細心の注意を払い、薄手のものから厚手のものまでむらなく染め上げます(撮影:加藤正博)

今月は、淡い桜色が春の息吹を感じさせる『さくら染め』の小物をご紹介します。

北上市内にある公園で展勝地は、約一万本の桜で知られ、「みちのく三大桜名所」のひとつにも数えられています。この桜を生かした草木染めに取り組んでいるのが悉皆屋(しっかいや)(染め物、染め返し、洗い張りなどを請け負う店)の『和の衣さとう』です。

かつて北上市極楽寺で行われていた草木染めの基本的な技法に忠実に従い、桜本来の色が出るよう一枚一枚手作業で染め上げています。ショールやハンカチなどさまざまなものを染める技術だけでなく、ほんのりと桜が香る商品を開発するなどバリエーションの展開にも力を入れています。

さくら染めは、地元の新たな工芸品として認められつつあります。このことをきっかけとして全国から展勝地にも足を運んでもらえたらと、いわて特産品コンクールや全国観光土産品連盟主催の審査会などに出品し、高い評価を得ています。

※月刊石垣2018年3月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 ビーズ刺繍のハンドバッグ

柏ビーズ

今月は、つややかなきらめきが魅力的な、ビーズ刺繍(ししゅう)のハンドバッグをご紹介します。ビーズ細工の歴史は古く、古代エジプトにまでさかの...

前の記事

伝えていきたい日本の技 組子

タニハタ

今月は、幾何学模様が美しい伝統工芸『組子』をご紹介します。小さく切り出した木片を釘(くぎ)を使わず組み付けていく組子細工は、飛鳥時代に建て...

関連記事

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」 無料会員限定

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...

伝えていきたい日本の技 やきものアクセサリー

鈴研.陶業

今月は、美濃焼タイルの装飾技術を生かしてつくられた、モダンなアクセサリーをご紹介します。岐阜県南部は良質な陶土を産出し、陶器を焼く燃料の...

伝えていきたい日本の技 DAYBREAK

金箔押 山村 GOLDREAM

今月は、京都で培われた伝統技術・金箔押を革に施したブランド、GOLDREAM(GOLD+DREAM=『金箔の夢』の意)をご紹介します。金箔押とは、世界で最...