伝えていきたい日本の技 ビーズ刺繍のハンドバッグ

柏ビーズ(千葉県柏市)

日本刺繍の技法を使用し直径約1.5〜2.0mmの小さなビーズを2粒ずつゆるみなく縫い付け、華やかな柄を施しています(撮影:加藤正博)

今月は、つややかなきらめきが魅力的な、ビーズ刺繍(ししゅう)のハンドバッグをご紹介します。

ビーズ細工の歴史は古く、古代エジプトにまでさかのぼれると言われています。16世紀後半ごろにはヨーロッパでビーズの製造技術が進歩し、ハンドバッグのような複雑なビーズ細工もつくられるようになりました。日本に入ってきたハンドバッグを修理した職人たちがビーズ細工を学び、伝統的な日本刺繍と組み合わせて生み出したのがビーズ刺繍です。

昭和11年に柏ビーズを創業した仙田鎮男(まさお)さんはそうした職人の一人で、布の袋にビーズだけで刺繍を施すことで、ビーズ細工の繊細な美しさや滑らかな質感を生かした丈夫なバッグをつくり上げました。日本製の粒のそろったガラスビーズを丁寧に手縫いし、長いもので一年ほどかけて制作されるオーダーメードのバッグは、美しいだけでなく実用性も高く、祖母・母・娘の三代にわたって愛用される芸術品といえます。

※月刊石垣2018年4月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 絵ろうそく

小池ろうそく店

今月は、四季折々のさまざまな花が描かれた温かみのある絵ろうそくをご紹介します。日本海側をはじめとする豪雪地帯では、深い雪に閉ざされる長い...

前の記事

伝えていきたい日本の技 さくら染め

和の衣さとう

今月は、淡い桜色が春の息吹を感じさせる『さくら染め』の小物をご紹介します。北上市内にある公園で展勝地は、約一万本の桜で知られ、「みちのく...

関連記事

伝えていきたい日本の技 ボルタ 無料会員限定

NPO法人テツプロ・ボルタ工房

今月は、ボルトやナット、ワッシャーでつくられたユニークな人形、ボルタをご紹介します。室蘭は、1907年に日本製鋼所、09年に北海道炭礦汽船輪西...

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする