日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 ビーズ刺繍のハンドバッグ

柏ビーズ(千葉県柏市)

日本刺繍の技法を使用し直径約1.5〜2.0mmの小さなビーズを2粒ずつゆるみなく縫い付け、華やかな柄を施しています(撮影:加藤正博)

今月は、つややかなきらめきが魅力的な、ビーズ刺繍(ししゅう)のハンドバッグをご紹介します。

ビーズ細工の歴史は古く、古代エジプトにまでさかのぼれると言われています。16世紀後半ごろにはヨーロッパでビーズの製造技術が進歩し、ハンドバッグのような複雑なビーズ細工もつくられるようになりました。日本に入ってきたハンドバッグを修理した職人たちがビーズ細工を学び、伝統的な日本刺繍と組み合わせて生み出したのがビーズ刺繍です。

昭和11年に柏ビーズを創業した仙田鎮男(まさお)さんはそうした職人の一人で、布の袋にビーズだけで刺繍を施すことで、ビーズ細工の繊細な美しさや滑らかな質感を生かした丈夫なバッグをつくり上げました。日本製の粒のそろったガラスビーズを丁寧に手縫いし、長いもので一年ほどかけて制作されるオーダーメードのバッグは、美しいだけでなく実用性も高く、祖母・母・娘の三代にわたって愛用される芸術品といえます。

※月刊石垣2018年4月号に掲載された記事です。

次の記事

小池ろうそく店

今月は、四季折々のさまざまな花が描かれた温かみのある絵ろうそくをご紹介します。日本海側をはじめとする豪雪地帯では、深い雪に閉ざされる長い冬に仏壇に供える花がなく、そ…

前の記事

和の衣さとう

今月は、淡い桜色が春の息吹を感じさせる『さくら染め』の小物をご紹介します。北上市内にある公園で展勝地は、約一万本の桜で知られ、「みちのく三大桜名所」のひとつにも数え…

関連記事

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待…

プラスジャック

今月は、アクセサリー感覚で身に着けられるおしゃれな防災用ホイッスル、「effe(エッフェ)」をご紹介します。「めがねの聖地」として知られる福井県鯖江市では、目が悪く学校に…

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…