日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 絵ろうそく

小池ろうそく店(新潟県新潟市)

四季の花を12本セットにした彩りの美しいろうそくは、日本土産として海外からの観光客にも人気があります(撮影:加藤正博)

今月は、四季折々のさまざまな花が描かれた温かみのある絵ろうそくをご紹介します。

日本海側をはじめとする豪雪地帯では、深い雪に閉ざされる長い冬に仏壇に供える花がなく、その代わりとして白いろうそくに花を描いて火を灯(とも)す文化が生まれました。昔ながらの和ろうそくは和紙を灯芯とし、ハゼの実をつぶして抽出した油脂を原料とするハゼロウでつくられたもので、庶民にとっては高価なものでした。そのろうそくに故人をしのび一輪一輪手描きした花は、ろうそくとともにゆっくりと燃え尽きることで仏のもとに届くといわれています。

明治に入り安価な西洋ろうそくが普及すると、和ろうそくの生産量は落ち込み、絵ろうそくを手がける職人も全国にわずかとなりました。小池ろうそく店の四代目店主・小池孝男さんは、日本人ならではの心情をうつす絵ろうそくを後世に伝えるため、手描きにこだわりながら美しい花ろうそくをつくり続けています。

※月刊石垣2018年5月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 双子織

蕨商工会議所

今月は、途絶えていた技術を地元民の熱意でよみがえらせた、蕨(わらび)市の双子(ふたこ)織をご紹介します。江戸時代の末ごろ、二本の高級綿糸を並...

前の記事

伝えていきたい日本の技 ビーズ刺繍のハンドバッグ

柏ビーズ

今月は、つややかなきらめきが魅力的な、ビーズ刺繍(ししゅう)のハンドバッグをご紹介します。ビーズ細工の歴史は古く、古代エジプトにまでさかの...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...