日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 双子織

蕨商工会議所

手触りの良さとめりはりのある縞模様は、太陽にかざしても透けないほどの高密度の織りから生まれています(撮影:加藤正博)

今月は、途絶えていた技術を地元民の熱意でよみがえらせた、蕨(わらび)市の双子(ふたこ)織をご紹介します。

江戸時代の末ごろ、二本の高級綿糸を並べた「引き揃え糸」を経(たて)糸、または経糸・横糸の両方に用いて平織りにした二タ子(ふたこ)織が考案されました。その細く鮮明な縦縞と、綿でありながら絹織物のような手触りが人気を博し、蕨市は機織りのまちとして発展していきます。明治時代には二本の糸をより合わせた「双糸(そうし)」で織り上げる双子織へと発展し、全国にその名を知られるまでになったといいます。

1960年代前半を最後に生産が途絶えていた双子織でしたが、2004年、明治期の縞帳(しまちょう)を元に復元されたことから、蕨商工会議所では2014年に双子織みらいプロジェクトを立ち上げました。最大の魅力であるしっとりとした手触りがより手軽に楽しめるよう、年齢や性別を問わない名刺入れなどの小物に仕上げ、双子織のよりいっそうの普及を推し進めています。

※月刊石垣2018年6月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 KANZASHI

山崎製作所・三代目板金屋

今月は、板金技術を使ったステンレスのかんざしをご紹介します。板金とは、薄く平らに伸ばした金属材料の基本的な形状の一つです。山崎製作所は、...

前の記事

伝えていきたい日本の技 絵ろうそく

小池ろうそく店

今月は、四季折々のさまざまな花が描かれた温かみのある絵ろうそくをご紹介します。日本海側をはじめとする豪雪地帯では、深い雪に閉ざされる長い...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...