伝えていきたい日本の技 KANZASHI

山崎製作所・三代目板金屋

和のモチーフを切り絵風のデザインに落とし込み、洋服にも合うかんざしに仕上げています(上からダリア、月下美人、琉金、出目金)(撮影:加藤正博)

今月は、板金技術を使ったステンレスのかんざしをご紹介します。

板金とは、薄く平らに伸ばした金属材料の基本的な形状の一つです。山崎製作所は、さまざまな金属を使う繊細な板金加工が得意な会社です。二代目が女性ということもあり、男社会といわれる金属加工の世界で自社の技術力に女性の視点を取り入れ、デザイナーである娘を含む女子チームが、インテリアやアクセサリーをつくる自社ブランド「三代目板金屋」を立ち上げ、ステンレス製のかんざしを製作・販売しています。「三代目板金屋」プロジェクトは、「自分が欲しいものをつくる」をコンセプトにしています。こうして、自由な発想で生まれた製品が、銀色に輝くモダンなかんざしです。その一方で安全性にもこだわり、一枚板から切り出すことによる耐久性の高さには職人の誇りが感じられます。

日本の伝統と現代の女性職人の技術が融合したかんざしは、海外からも注目を集めています。

※全国観光土産品連盟主催の第58回全国推奨観光土産品審査会において、ダリアが中国大使館賞(グローバル部門)受賞

※月刊石垣2018年7月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 長崎チロリ

瑠璃庵

今月は、瑠璃色のガラスが涼を添える、冷酒用の酒器・長崎チロリと杯をご紹介します。 長崎では、かつてポルトガルとの交易によりガラス製品が伝...

前の記事

伝えていきたい日本の技 双子織

蕨商工会議所

今月は、途絶えていた技術を地元民の熱意でよみがえらせた、蕨(わらび)市の双子(ふたこ)織をご紹介します。江戸時代の末ごろ、二本の高級綿糸を並...

関連記事

伝えていきたい日本の技 ボルタ 無料会員限定

NPO法人テツプロ・ボルタ工房

今月は、ボルトやナット、ワッシャーでつくられたユニークな人形、ボルタをご紹介します。室蘭は、1907年に日本製鋼所、09年に北海道炭礦汽船輪西...

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする