日商 Assist Biz

更新

飲酒を伴う懇親会 マスクなしでの会話 リスク高い5場面に留意

日本商工会議所はこのほど、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から、新型コロナウイルス感染症対策の観点からの年末年始の在り方について協力を要請された。

1.多くの人が連続した休暇を取ることが予想される年末年始に向けて

・集中しがちな休暇を分散させるために、年末年始の休暇に加えて、その前後でまとまった休暇の取得を奨励すること

2.感染リスクを高めやすい「五つの場面」や、クラスターの発生が多く見られている飲酒を伴う会食における感染リスク低減の工夫をまとめた「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」について

<感染リスクが高まる「五つの場面」>

場面① 飲酒を伴う懇親会など

場面② 大人数や長時間に及ぶ飲食

場面③ マスクなしでの会話

場面④ 狭い空間での共同生活

場面⑤ 居場所の切り替わり

<感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫>

【利用者】

・飲酒をするのであれば、①少人数・短時間で、②なるべく普段一緒にいる人と、③深酒・はしご酒などは控え適度な酒量で。

・箸やコップは使い回わさず、一人一人で。

・座の配置は斜め向かいにする(正面や真横はなるべく避ける)。

・会話するときはなるべくマスクを着用する。

・換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを順守したお店で。

・体調が悪い人は参加しない。

【お店】

・お店はガイドラインの順守を。

・利用者に上記の留意事項の順守や、接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードを働き掛ける。