日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年11月21日号 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れることになる。

▼日本遺産を一言でいえば「日本を象徴する百の物語」ということになろう。これを国内外に広くアピールする、いわばジャパンブランド創生のための事業でもある。地域には実に多様な文化資源がある。それも旧石器時代から現代に至る長い年月、建造物や工芸品などの有形のものから、伝統芸能や技術などの無形のものなど実に多岐にわたる。その多様な文化資源を取捨選択し、組み立て、それぞれの地域の個性を象徴するストーリーとして編集するのが日本遺産である。

▼長年、その審査に携わってきたが、地域の皆さんは誠に苦労された。一つの物語を編集するという行為は、ストーリー上に乗る主要な文化資源を選ぶ一方、捨てることでもある。本来、数多くの物語が描ける地域の中で、物語素材を選ぶ苦労は並大抵ではない。一見、何の変哲もない「米」をテーマに、その生産力の増強を支えた技術や財の蓄積が、多くの古墳群や兵・食料の兵站基地として栄えた「2000年の米作り」の物語(菊池川流域の菊池市、山鹿市、玉名市、和水町)、古くから矢じりやナイフの素材となった黒曜石を求めて縄文人が1千メートルの高地に開いた鉱山(星糞峠など長野県・山梨県の黒曜石原産地遺跡)など、実にわくわくする物語が数多くある。

▼日本遺産とは、誠に「地域を読み解く」作業である。こうしたテーマを求める旅が好まれるのは国内外を問わず近年の傾向である。日本遺産のさらなる活用を期待したい。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

コラム石垣 2020年12月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番...

前の記事

コラム石垣 2020年11月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

日本の避難所が劣悪なのはつとに指摘されてきた。間仕切りや段ボールベッドなど、密の回避はコロナ禍でずいぶん改善されてきた。とはいえ関東大震...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...