日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年12月1日号 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそがれるかもしれないが、いち早く商品化した企業の中では業績全体を大きく押し上げたケースもある。「便乗商法ではないか」と侮ってはいけない。商品化した背景には、消費者の嗜好(しこう)を読み取るセンスがあったと考えるべきだろう。

▼「コロナ禍だから仕方がない」と売り上げ不振の理由を押し付けるのは簡単だ。しかし、「withコロナ」が長期化する中で、手をこまねいていても事態が好転することはない。たとえ便乗商法であっても、消費者の動きを先取りする、あるいは自ら需要を喚起するような工夫が必要だと思う。

▼薄利多売方式で業績を維持していた飲食店が高級化に切り替え、成功を収めた話も聞く。ニューノーマルの流れを利用して、一気に構造改革や業態の転換を図る好機と捉えたい。しがらみがあったために切り捨てられなかった不採算事業でも、今なら決断しやすいはずだ。

▼先日、銀座を代表する有名カフェに足を運んだ。平日にもかかわらず満席だった。客が帰ると消毒し、真新しいテーブルクロスに換えている。専用のマスク入れを提供するのは言うまでもない。系列のフランス料理店は予約が取れない状況が続いている。立地を含めたブランド力と、感染防止に万全を尽くす姿が、厳しい飲食業界の中で差別化を実現したといえよう。

▼自社の特長はどんな点か、コロナ禍が続く中でどう生かせるのか。経営者は、単なる企業の生き残り策だけでなく、自社の未来図を幹部らと真剣に論じ合ってほしい。 (時事総合研究所客員研究員・中村恒夫)

次の記事

コラム石垣 2020年12月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪...

前の記事

コラム石垣 2020年11月21日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そ...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...