日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年12月11日号 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪問などどぶ板選挙も行い、前回の大統領選挙でトランプ氏が獲得した票に1000万票も上積みした。もし、新型コロナウイルスの流行が無かったら、トランプ氏は楽勝していたかもしれない。

▼トランプ氏は、政治手法として自分を支持してくれた人たちに約束した公約を全て実現しようと動いた。それまでのワシントンのエリート政治家が重視してきたポリティカル・コレクトネスにはまったく無頓着だった。

▼米国の政治状況を俯瞰すると、共和党はトランプ氏に乗っ取られ、レーガン流の共和党保守本流の精神や理念は失われていた。民主党はサンダーズ氏率いる左派の主張が色濃く反映され、社会主義化していた。米国は中間的な支持層を欠き、両極端に走っている。

▼トランプ氏は今回の大統領選挙に不正があったとして自分の敗北を認めず、激戦州で訴訟を続けている。彼の行動は「アメリカ・ファースト」でなく、自分ファーストそのものである。もし、12月8日までに選挙人が決まらなければ、新しい連邦議会で大統領を選ぶことになる。そこでは共和党議員が多数を占める州が過半数となり、トランプ氏が選出される可能性がある。

▼当選確実となったバイデン氏はトランプ氏に投票したトランプ党の人たちの主張にも積極的に耳を傾ける必要がある。そうしないと、次の中間選挙や4年後の大統領選挙で敗退する恐れがある。一方、トランプ氏はトランプメディアを立ち上げ、共和党内での自分の影響力を残し、次期大統領選挙で再度戦いを挑むようだ。

<12月1日執筆> (中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構理事・研究調査部長 神田玲子/東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗/時事総合研究所客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所代表 中山文麿

コロナ禍の中迎えた2021年。コラム「石垣」執筆者5人に、今年の展望や日本、そして世界の行方について聞いた。地政学の祖マッキンダーはユーラシア大陸を世界島と呼んだ。歴史…

前の記事

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

関連記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症に翻弄(ほんろう)された昨年は、政治家のリーダーシップの価値を痛感した一年だった。緊急時には、リーダーの采配一つに住民の命がかかる。国や大都市…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…

コラムニスト 宇津井輝史

日本の避難所が劣悪なのはつとに指摘されてきた。間仕切りや段ボールベッドなど、密の回避はコロナ禍でずいぶん改善されてきた。とはいえ関東大震災以来の「体育館で雑魚寝」ス…