コラム石垣 2021年1月1日号 2021年展望 コラム「石垣」執筆者に聞く

コロナ禍の中迎えた2021年。コラム「石垣」執筆者5人に、今年の展望や日本、そして世界の行方について聞いた。

ユーラシアから始まる世界史のうねり

宇津井 輝史/コラムニスト

宇津井 輝史 コラムニスト

地政学の祖マッキンダーはユーラシア大陸を世界島と呼んだ。歴史の大きなうねりはこの大陸から始まる。大陸の東と西の文明圏は、分裂と統合を繰り返しながら世界史を牽引した。西の塊を「欧州」、東の塊を「中華」と呼ぶ。それぞれの文明圏の沖合には西に英国、東に日本という海洋国家がある。

欧州文明圏では17世紀の三十年戦争で神聖ローマ帝国が解体し、ウェストファリア条約により国民国家というシステムが誕生した。

その後に続いた国家の対立と抗争に終止符を打ったのがEUである。だが新帝国主義時代のいま、この統合システムがほころび始めた。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

コラム石垣 2021年1月21日号 神田玲子 無料会員限定

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症に翻弄(ほんろう)された昨年は、政治家のリーダーシップの価値を痛感した一年だった。緊急時には、リーダーの采配一つに...

前の記事

コラム石垣 2020年12月11日号 中山文麿 無料会員限定

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪...

関連記事

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの...

コラム石垣 2021年6月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

新型コロナウイルスの変異株が世界的に猛威を奮っている。イギリス変異株は従来株と比べ1・5倍感染力が強く、インド株はさらにそれの1・5倍も強い。...