企業の対応策解説 同一労働同一賃金 まるわかりBOOK

同一労働同一賃金まるわかりBOOK

日本商工会議所はこのほど、中小企業向けに「同一労働同一賃金」を解説したガイドブック「同一労働同一賃金まるわかりBOOK」を作成した(写真)。

中小企業の同一労働同一賃金の施行が2021年4月に迫る中、20年10月に日商が実施した調査では、同一労働同一賃金の対応状況について、「対応済み・対応の目途(めど)が付いている」と回答した企業は52・0%にとどまる。対応に当たっての課題については、20年春に実施した調査で、50・1%の企業が「内容が分かりづらい」を挙げている。

同ガイドブックは、こうした課題を解決し、中小企業の同一労働同一賃金への対応を図ることが目的。厚生労働省のガイドラインや20年10月に出された最高裁判所の判決も踏まえながら、企業が取るべき具体的な対応策を各待遇・手当ごとに分かりやすく整理している。58ページ、カラー。日商のホームページからダウンロードできる。

詳細は、https://www.jcci.or.jp/news/2020/1130103000.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする