日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「大曲の花火憲章」制定 地域と日本の花火発展へ

記念花火の打ち上げ

大曲商工会議所(秋田県)が事務局を務める「大曲の花火大会委員会」は2020年11月2日、「大曲の花火憲章」を制定した。大仙市が誇る「大曲の花火」について大会運営の指針を明文化し、その理念を国内および世界へ広くPRすることで地域経済の発展と日本の花火業界全体の発展に寄与することを目指す。

「大曲の花火」は1910(明治43)年に諏訪神社の祭典の余興として開催され、100年以上の歴史を持つ。今では観客数70万人を超える日本屈指の花火競技大会となり、観光産業となった。この資源を活用し未来へつなげようと、大仙市では花火産業構想の下、さまざまな取り組みを進めている。20年は、新型コロナウイルス感染症の影響により冬、春、夏の大会が中止になったが、秋の大会は感染予防対策を徹底した新しいスタイルで開催することができた。

同憲章については20年5月、同所の賢木新悦副会頭を委員長に起草委員会を発足し議論してきた。その内容は、見る人全てに明日への希望と感動を贈ること、安全で安心な環境づくり、文化や技術を継承しつつ新しい試みに挑戦すること、地域との共生、芸術として世界へ発信することなどがうたわれている。

同憲章制定を記念し、21年1月9日に花火の打ち上げが行われた。同憲章銘板は同所1階、市役所市民ホール、花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」エントランスホールに展示している。

次の記事

福岡県 飯塚商工会議所

飯塚商工会議所は1月18日から、AR(拡張現実)技術を活用した非接触型の観光事業として、「ARデジタルスタンプラリー」を実施している。飯塚市内の観光地を巡り、スマートフォ…

前の記事

長崎県 大村商工会議所

大村商工会議所(長崎県)は2020年12月25日、大村市と「消防団活動の充実強化に向けた支援に関する協定」を締結した。同所ではここ数年、地区別に会員との懇談会を開催しており…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…