情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門 優秀賞

メンタルヘルスマネジメントで個人と組織の活性化を実現する

ソーシャルアドバンス株式会社 代表取締役 伴 裕美(ばん・ひろみ)

ソーシャルアドバンス株式会社 代表取締役 伴 裕美(ばん・ひろみ)

明るく健やかな社会を次世代へつなぐために

昔から今も変わらず、組織・集団においてメンタルヘルス不調になる素因を持った人は1~2割程度存在していることは医学的に示されています。当然のことながら、個人や組織の生産性向上を必須とする少子高齢社会において、自殺やメンタルヘルス不調などによる労働損失は先手を打って防がなければなりません。

前職の不動産会社時代から個人や集団のクレーム問題解決にかかわり続けてきた中で、「問題や失敗の原因をつくる人の置かれている『状態』が、組織全体のバランスに影響する」ということに気付きました。ストレスチェック法制化の立案を知り「問題が発覚してから対処するのではなく、未然防止がベスト」だと考え、これまでの経験を生かすために起業を決意。まだメンタルヘルスという分野が業態として確立されていなかった2014年の創業当初、半年がかりで約1300社の企業を訪問し実態調査を行いました。この現場調査から得た「実態」と「課題の本質」を基に、現在の支援内容を構築しています。

現在は、本社を置く神戸以外に全国7カ所でカウンセリングルームを運営しています。8万件を超える個性心理学を基にしたメンタルヘルス包括支援、取り組む課題を明確にするストレスチェックや職場環境改善支援、実践的なマネジメントコンサルティング支援、各種研修支援などを通じ、「一人ひとりの特性と現状を把握して先手のメンタルヘルス対策」の普及活動を行っています。個人・組織のパフォーマンスを最大限にする企業の健康な組織づくりに貢献することを目指しています。

SDGsの達成に向けて

縁あってこれまでの実績と挑戦が評価され、このほど国連との連携が決まりました。SDGsの重要な要素である「人的資本の育成」の達成に向けて、弊社提供の47万件のメンタルヘルスデータ検証に基づく国連による算出では、ストレスが起因して起きている労働損失額が、100人規模の会社で30億円であることが分かりました。これらの労働損失を防ぎ、利便性や合理性を追求し過ぎたあまり鈍ってしまった日本人本来の力を再生することを目的に、世界初で発足する国連のSDGs国際認定学会の理事に就任いたしました。今後は、産業界への正しいメンタルヘルス対策の普及、認定評価、分析と課題提示、解決実践支援の役割を担っていきます。

また、2年前から運営している発達障害児の治療を目的としたクリニック事業があります。今回、30年の経験と実績を持つ九州大学名誉教授を迎え、心身のパフォーマンス力を根本改善する脳疲労治療の分院として再スタートしました。同時に、免疫力から各疾患治療につながる腸内細菌研究治療にも注力しており、自閉症や発達障害、不登校、引きこもりなどの根本解決を実践していきたいと考えています。

コロナ禍という未曽有の時代。真に豊かな社会とは何なのか、いかに生きて、いかに次世代へつないでいけるのか、日々模索し、実践・検証し続けています。

会社データ

社名:ソーシャルアドバンス株式会社

所在地:神戸市中央区東町123-1 貿易ビル4F

電話:078-332-3350

創業:2014年

事業概要:個人向けカウンセリング、組織向けメンタルヘルス対策支援・コンサルティング

HP:https://social-advance.jp/

※月刊石垣2021年2月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門奨励賞

株式会社リリフル

3年前、私は小さな個人病院の看護師としてパートで働いていました。その頃、まさか自分が会社を設立して従業員を雇う身になるとは思ってもみません...

前の記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門優秀賞

株式会社ジューヴル

医療系の大学で心理学を学んだ私は、大学卒業後は地域で暮らす精神障がい者の就労や生活支援の仕事に就きました。障がいや病気を持つことでの苦労...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞 無料会員限定

株式会社マリア

私は65歳で不動産業を起業しましたが、その7年前に不動産会社に入社し、当初は主に一般の賃貸仲介を行っていました。その業務の中で、いわゆる障が...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

カナカワニシアートオフィス合同会社

造形や行為によって未踏の表現を深耕し、新たな世界の視座を提示するアーティストたちの仕事の結晶である現代アート作品は、知的好奇心を刺激し続...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

EJNグループ株式会社

私は、大学の英文学科を卒業後、結婚し専業主婦をしていました。上の子が2歳、下の子が1歳のときに離婚し、母子家庭となり、生活保護を受けながら...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする