日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門 優秀賞

メンタルヘルスマネジメントで個人と組織の活性化を実現する

ソーシャルアドバンス株式会社 代表取締役 伴 裕美(ばん・ひろみ)

ソーシャルアドバンス株式会社 代表取締役 伴 裕美(ばん・ひろみ)

明るく健やかな社会を次世代へつなぐために

昔から今も変わらず、組織・集団においてメンタルヘルス不調になる素因を持った人は1~2割程度存在していることは医学的に示されています。当然のことながら、個人や組織の生産性向上を必須とする少子高齢社会において、自殺やメンタルヘルス不調などによる労働損失は先手を打って防がなければなりません。

前職の不動産会社時代から個人や集団のクレーム問題解決にかかわり続けてきた中で、「問題や失敗の原因をつくる人の置かれている『状態』が、組織全体のバランスに影響する」ということに気付きました。ストレスチェック法制化の立案を知り「問題が発覚してから対処するのではなく、未然防止がベスト」だと考え、これまでの経験を生かすために起業を決意。まだメンタルヘルスという分野が業態として確立されていなかった2014年の創業当初、半年がかりで約1300社の企業を訪問し実態調査を行いました。この現場調査から得た「実態」と「課題の本質」を基に、現在の支援内容を構築しています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

株式会社ジューヴル

医療系の大学で心理学を学んだ私は、大学卒業後は地域で暮らす精神障がい者の就労や生活支援の仕事に就きました。障がいや病気を持つことでの苦労や生きることの深みを教えてい…

関連記事

学校法人 星生学園 佐賀星生学園

専門学校で働きながら大学院で教育心理学を学び、臨床心理士の資格を取得した私は、2007年から佐賀県のスクールカウンセラーとして小・中学校に勤務しました。不登校や発達障が…

株式会社言語生活サポートセンター

失語症は「話す、聞いて理解する、読んで理解する、文字を書く、計算する」など、人間のコミュニケーション能力全般の障がい要因となる脳卒中や脳外傷などの後遺症で、脳の中枢…

Babydoor株式会社

私が20代後半に差しかかったころ、子育てを始める友人たちの様子を見る中で「子育て」にはさまざまな課題があり、複雑かつ繊細な問題も含まれているということを実感しました。…