日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

渋沢栄一伝 ―道理に欠けず、正義に外れず―

井上潤 著

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。

生涯関係した企業の数は約500、社会公共事業は600を数える。日本の近代社会を創造し、全体を組織したオルガナイザーとしての位置付けが与えられる人物と著者・渋沢史料館館長は説く。

同書は、本紙で2010年から連載している「渋沢栄一伝」を再構成。豊富な写真と史料から、多角的に渋沢栄一に迫る。渋沢が今に与えるヒントを探り、渋沢への理解をさらに深められること間違いなし。こぼれ話付きで、これまであまり語られることのなかったエピソードも紹介されている。

(四六判/306ページ/2640円(税込み)/ミネルヴァ書房)

地域金融の未来 ―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

森俊彦 著

同書は、日本金融人材育成協会会長で、中小機構中小企業応援士を務める著者が、「全国の中小企業の元気を引き出し後押しして明るい未来を創りたい。金融機関は、企業経営者に向き合うことで真の事業の理解に基づく融資や本業支援(伴走支援型融資)が可能となり、企業価値の〝源泉〟である営業キャッシュフローの持続的な改善が実現できる。債権者区分もランクアップし、最大のリスク管理・保全策かつ収益改善策だ―」との思いで書き上げた。

地域経済をどう活性化していくかは、経済の改善に依存する。活性化の鍵となる地域金融について、現状と今後の金融機関、経営者、認定支援機関の在り方を提示している。

(A5判/165ページ/2090円(税込み)/中央経済社)

次の記事

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

前の記事

小林久/野原蓉子

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍に…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を豊富なデータや海外事務所から…

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…