セレクト地域短信 クラフトをブランド化 日本をリードするまちへ

サイトのトップページ

桐生商工会議所(群馬県)は、桐生市の魅力を伝える新たなコンセプトとして「KIRYU Craft(桐生クラフト)」を発表した。桐生で製造され、桐生の歴史や文化を背景とした共通のストーリーを含有するなど、一定の基準を満たす製品群を桐生クラフトとしてブランドに認定する制度を設け、全国そして世界への発信を目指す。それに伴い、桐生のクラフトマンシップを発信するウェブマガジン「KIRYU Craft Story」を1月12日に公開した。

同所は、桐生の魅力を伝える新たな発信や、「KIRYU Craft」ブランド化のほか、インターネット通販サイトを通じた海外への販売、クラウドファンディングでの販路開拓支援を行っている。

桐生のクラフトマンシップを発信するウェブマガジン「KIRYU Craft Story」では、桐生らしさを育んできた自然・歴史・産業、そして伝統や文化の多様性と、新たなクラフトを生み出し続ける桐生の魅力を紹介している。

古くは1300年ほど前の奈良時代から続く桐生の繊維産業は、江戸時代に入るとさらに活気づき、日本の布づくりをリードしてきた。まちには今も伝統を感じさせる歴史的建築物などが残っており、最近では若いクリエイターたちが集まり静かな聖地となりつつある。

昨年、コロナ禍で急速にマスク需要が高まる中、同所は桐生市の事業者によるMade in KIRYUのマスク製品のPR支援をスタートさせ、経済産業省の「JAPANブランド育成支援事業」に採択された。

そんなクラフトのまち・桐生だからこそ、コロナ禍で多くの繊維事業者がマスクをつくり始め、抗ウイルス加工や本藍染めなど、デザインや性能にこだわった魅力あふれるマスクが多様にある。

同所の角田欣巳さんは「クラフトをキーワードに桐生の地域資源を広く発信していきたい」と今後の活動に期待を込める。

ウェブマガジン「KIRYU Craft Story」は、こちらを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 サガン鳥栖存続へ支援 新組織設立し寄付金募る

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会/佐賀県 佐賀県商工会連合会

佐賀県商工会議所連合会や佐賀県商工会連合会など県内の経済団体を中心とした10団体は2020年12月24日、鳥栖市をホームタウンとするJリーグ(J1)サ...

前の記事

セレクト地域短信 LINEでスタンプラリー、事業者支援に

静岡県 浜松商工会議所

浜松商工会議所(静岡県)は、地域の食品製造業者や小売店の支援事業として、LINEを活用したスタンプラリーを5月23日まで開催する。同事業参加店の...

関連記事

セレクト地域短信 「雑煮合戦」2年ぶり開催 テークアウト形式で

新潟県 新発田商工会議所青年部

新発田商工会議所青年部(新潟県・新発田YEG)は1月9日、「第十八回城下町しばた雑煮合戦」を、コロナ禍を考慮して事前予約によるドライブスルーの...

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする